マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】来週の相場で注目すべき3つのポイント:4-6月期GDP、米FOMC議事録、インテル・デベロッパー・フォーラム

2016年8月13日 18:54

■株式相場見通し

予想レンジ:上限17000-下限16500円

来週は、国内勢は夏休みシーズンで商いが膨らみづらく、海外勢についても同様に夏休みシーズンであり、9月5日の米レイバーデーまでは本格的な資金流入は限られるとみられる。経済指標では15日に4-6月期の国内総生産(GDP)速報値が発表されるほか、17日発表の7月訪日外国人観光客数、米FOMC議事録(7月26-27日分)が公表される以外は、これといった材料もなく、こう着感の強い相場展開が続きそうだ。

4-6月期のGDPについては、前期比年率+0.7%程度が市場コンセンサス。今年1-3月期に続いてプラス成長になる見込みだが、成長率は鈍化する見通しである。個人消費の伸び期待できないほか、企業設備投資は低い伸びにとどまる可能性などが、減速要因とみられている。経済対策の効果を勘案しても今年度の経済成長率は1%を下回る低い伸びにとどまるとの見方が増えているようである。

4-6月期のGDPが予想を上回るようだと、市場はこれを好感し、日経平均は節目の17000円を捉えてくることになろう。もっとも、予想を下回ったとしても、9月の緩和期待が高まるほか、日銀のETF買い入れによる需給要因が引き続き相場を押し上げることになる。市場参加者は限られるが、価格帯別出来高が膨らんでいる16600-16800円のレンジをクリアしてきており、薄商いの中、ショートカバーを交えた上昇が意識される。

その他、16日にインテルの開発者向け会議「インテル・デベロッパー・フォーラム(IDF)」(18日まで、サンフランシスコ)が開催される。インテルは最近、ディープラーニング(深層学習)と呼ばれるAI技術を活用すべく、半導体やソフトウエア、およびサービスの開発に取り組むナーバナ・システムズを買収する計画を発表している。

また、先日、同社のエンジニアがツイッターにPC用のVRヘッドマウントディスプレー「HTC Vive」向けの新たな奥行きセンサーアタッチメントと思われる画像を投稿している。現在は削除されているが、VR体験中も現実を3D認識するセンサーを開発しているとみられており、フォーラムでの発表が期待されている。AI、ディープラーニング、VR関連などへの手掛かり材料になる可能性がありそうだ。


■為替市場見通し

来週のドル・円は、米連邦準備制度理事会(FRB)による利上げ時期を巡って、市場参加者の思惑が交錯する展開となりそうだ。17日に公表される米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録内容(7月26-27日開催分)が注目される。この時は市場の予想通り、利上げは見送られた。

その後発表された7月雇用統計は堅調な内容となり、年内利上げ観測が再燃したが、4-6月期の米非農業部門労働生産性が3四半期連続で低下(マイナスを記録)したことから、早期利上げ観測は大幅に後退。10年債利回りの低下を背景にドル売りが強まった。年内の引き締めについて市場はなお懐疑的であり、7月時点でのFOMCでの利上げの感触を探ることになろう。

ただ、原油高や株高がリスク選好的な円売り・ドル買いを促す展開も想定しておきたい。サウジアラビアのエネルギー産業鉱物資源相は11日、9月下旬に石油輸出国機構(OPEC)非公式会合で、市場安定に必要な措置について協議すると発言した。原油高が続いた場合、米国株は堅調に推移し、リスク選好的なドル買い・円売りを促す可能性がある。



■来週の注目スケジュール

8月15日(月):4-6月GDP速報値、米NY連銀製造業景気指数、中資金調達総額など
8月16日(火):首都圏マンション発売、独ZEW期待調査、米鉱工業生産指数など
8月17日(水):訪日外国人客数、英失業率、米FOMC議事録など
8月18日(木):貿易収支、中住宅価格指数、米消費者信頼感指数など
8月19日(金):全産業活動指数、独生産者物価指数、加小売売上高など


<TM>

fisco

eth-induction-th

トルコリラが金利8%に。魅惑のFXスワップ投資とは
トルコが2年半ぶりに利上げ。FXスワップ投資を始めるなら今が好機か?スワップ投資のメリットと注意点、スワップ投資に最適なFX会社について、マネーポストWEB編集部が検証する。<続きを読む>
  • 2016年に100万円以上の実績も FXは自動で取引してくれる「フルオート」が理想か
  • 話題のロボアドバイザー 投資未経験者や初心者になぜオススメか?
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。