マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】中国2つのPMI、正しいのはどっち?【世界の金融市場シナリオ分析、中国のヤバイ経済学編(2)】

2016年9月20日 14:22



中国のPMI(購買担当者景気指数。一般に50を分岐点に、景気が良くなると考える人が多いほど指数は高くなり、悪くなると考える人が増えれば下がる)は、中国国家統計局が発表するものと、中国メディアの財新とイギリスのマークイットが共同で発表するものの二種類がある。両社の大きな違いとしては、統計局の方は大企業中心の測定に対し、財新の方は中小企業の比率が相対的に高いとされている。

2014年以降の推移を見ると、大半は統計局発表分のPMIが高い数値を示している。景気の恩恵を最初に受けるのが大企業であり、その後に中小企業に波及するため、現在では、中小企業にまで景気回復の恩恵が行き渡っていないことが背景ともされている。また、統計局発表分はそれなりに政府主導で調整された数字であり、財新のほうが実態を表しているといった指摘などもあるようだ。後者に関しては、両者のボラティリティの違いからも意識されるところである。

7月のPMIは、統計局側が49.9と5か月ぶりの50割れになった一方、財新は50.6と、15年2月以来の50超えとなった。14年以降、財新が統計局の数値を上回るのは2回目となる。相対的に信頼性がおける財新PMIの好転によって、中国景気の底打ち期待が高まる状況にもなったと考えられる。ただ、財新PMIは8月に再度低下しており、7月の改善は一時的であった可能性が高い。そもそも、大企業が中心となる統計局のPMIの大幅な改善がなければ、波及する格好となる中小企業中心の財新PMIは好転しにくいと見られよう。

国家統計局が全国地域をカバーしているのに対して、財新のカバー範囲は中国東部地域の企業が中心とされている。また、カバー地域とされる中国東部は主に軽工業を中心としており、財新の統計対象は軽工業に偏っている状況でもある。政府の意思が反映されにくい半面、統計局PMI 指数と比較すると、中国経済の実態がより反映されにくいともいえる。16年7月のように、一時的なノイズで終ってしまうことも多く想定される(15年2月も一時的であった)。

そもそも、財新の前に発表を行っていたHSBCがなぜ公表をやめたのかも考えておく必要はあろう。一つには、結果に信憑性が保てなくなったことなどが指摘されている。調査対象の中小企業では、経営が困難なところも多く、HSBCの融資を得やすくするために虚偽の数字を報告するケースもあったとみられている。現在でも、民間企業である財新PMIに関心が高まりやすいが、統計局のPMIと同様に、強く信用するにはリスクが大きいと考えるべきであろう。

あえて、PMIで中国景気の回復を見極めるのであれば、景気実態から時間差は出てくるかもしれないが、大企業中心の統計局PMIが上昇トレンドを描き、それに付随して、財新PMIも上昇トレンドが明確化する局面、こうした状況を見極めることであろう。

執筆
フィスコ取締役 中村孝也
フィスコチーフアナリスト 佐藤勝己


【世界の金融市場シナリオ分析】は、フィスコアナリストが世界金融市場の今後を独自の視点から分析、予見する不定期レポートです。今回の中国経済についてのレポートは、フィスコ監修・実業之日本社刊の雑誌「Jマネー FISCO 株・企業報」の次回号(2017年1月刊行予定)の大特集「中国経済と日本市場(仮題)」に掲載予定です。


<FA>

fisco

eth-induction-th

顧客満足度を追求!餃子が大量にもらえるFX会社
餃子最大400個プレゼントをはじめ、次々と魅力的なキャンペーンを展開するヒロセ通商。業界最高水準の取引環境を備え、オリコン日本顧客満足度3年連続1位を獲得した同社を取材した。<続きを読む>

eth-induction-th

トルコリラが金利8%に。魅惑のFXスワップ投資とは
トルコが2年半ぶりに利上げ。FXスワップ投資を始めるなら今が好機か?スワップ投資のメリットと注意点、スワップ投資に最適なFX会社について、マネーポストWEB編集部が検証する。<続きを読む>
  • 2016年に100万円以上の実績も FXは自動で取引してくれる「フルオート」が理想か
  • 話題のロボアドバイザー 投資未経験者や初心者になぜオススメか?
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。