マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】注目銘柄ダイジェスト(前場):メガバンク、サンバイオ、グリーなど

2016年9月23日 11:47



日本オラクル<4716>:5680円(前日比-250円)
大幅続落。一昨日に第1四半期の決算を発表している。営業利益は113億円で前年同期比1%増益、コンセンサスは5億円程度下回ったものとみられる。インパクトは限定的ながらも市場予想を下振れたこと、既存事業の先行指標となる新規ライセンスの売上高が2四半期連続で前年比マイナスとなったことなどが弱材料視されているもよう。

メガチップス<6875>:2057円(前日比+149円)
大幅続伸で高値更新。マッコーリー証券が投資判断を新規に「アウトパフォーム」、目標株価を2475円としている。任天堂ビジネスの増大がけん引役となって、営業利益は17.3期の15億円から20.3期には88億円まで拡大と予想のようだ。なお、18.3期営業利益は市場コンセンサスの25億円に対して、マッコーリー証券では33億円を想定している。

グリー<3632>:576円(前日比-12円)
伸び悩み続落。先週末に第1四半期業績の上方修正を発表している。営業利益は従来予想の10億円から24億円に増額、新規タイトル「ソードアート・オンラインメモリー・デフラグ」などゲーム事業の好調推移、費用削減の進行が背景となっている。変化率は大きいものの、足元の業績上振れは想定線であり、前年同期比では減益でもあるため、短期的な出尽し感とも捉えられる形に。

ライオン<4912>:1558円(前日比+76円)
大幅続伸。クレディ・スイス証券では投資判断を「ニュートラル」から「アウトパフォーム」に格上げ、目標株価は1770円としている。第2四半期決算後の株価調整は十分進んだと判断、再度買いの好機と考えているもよう。「眠れる獅子」から「百獣の王」への進化はいまだ道半ばであり、同社の潜在能力を考えれば、少なくとも営業利益率10%は可能と指摘している。

メガバンク
揃って売り先行。一昨日は日銀金融政策決定会合の結果発表を受けて株価が急伸、マイナス金利の深掘り見送り、ETFの買い入れ対象のウェイト変更などが好感される格好に。ただ、株価の急伸で銀行株へのプラス効果は織り込んだとの見方から、本日は戻り売りが先行する形にも。SMBC日興証券では、一昨日の株価上昇でマイナス金利深掘り実質凍結に近い水準を織り込んだと指摘。

サンバイオ<4592>:1480円(前日比+113円)
大幅続伸。神経系疾患を対象に日米で開発を進めている再生細胞薬「SB623」の外傷性脳損傷を対象としたフェーズ2臨床試験を国内で開始したと発表している。既に米国において他家由来の再生細胞薬としては世界初となる外傷性脳損傷を対象としたフェーズ2臨床試験をグローバル治験(被験者数52人)「本試験」として開始しているが、今回、日本においても治験を開始し、本試験に日本からの被験者を組み入れる。

モバファク<3912>:7020円(前日比+600円)
大幅に4日続伸。東証が本日売買分から信用取引に関する臨時措置を解除している。また、日証金も同日から増担保金徴収措置を解除した。スマートフォンゲーム「Pokemon GO」のヒットを受けて、同社も位置情報ゲームを手掛けることから注目された。一部では大型IP(知的財産)との連携への期待も根強いようだ。9月6日には一時8110円まで上昇する場面があった。

<KS>

fisco

eth-induction-th

トルコリラが金利8%に。魅惑のFXスワップ投資とは
トルコが2年半ぶりに利上げ。FXスワップ投資を始めるなら今が好機か?スワップ投資のメリットと注意点、スワップ投資に最適なFX会社について、マネーポストWEB編集部が検証する。<続きを読む>
  • 2016年に100万円以上の実績も FXは自動で取引してくれる「フルオート」が理想か
  • 話題のロボアドバイザー 投資未経験者や初心者になぜオススメか?
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。