マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【本日の注目個別銘柄】東宝、東洋鋼鈑、ローツェなど

2016年9月28日 16:26

<9843> ニトリHD 12240 +260しっかり。前日に上半期の決算を発表、営業利益は492億円で前年同期比34%増益、従来予想の395億円を大幅に上回った。ただ、上振れ決算は相当程度織り込まれており、想定の範囲内との見方が優勢のようだ。為替予約の関係から、今後の粗利益率の低下が予想されていること、足元の既存店増収率の鈍化傾向なども、一段の上値追い抑制要因になっている。

<2579> コカウエスト 2843 +207大幅続伸。SMBC日興証券が投資判断を「2」から「1」に格上げ、目標株価も2380円から3580円に引き上げている。容器構成の改善などを通じた実質値上げの浸透、ボトラー再編が業界全体の低価格競争の抑止力になり始めたことなどを背景に業績予想を上方修正しているもよう。なお、今後はコカイーストとの経営統合実現の可能性は高いとも考えているようだ。

<9602> 東宝 3325 -65さえない。前日に上半期業績予想の上方修正を発表している。営業利益は従来予想の167.7億円から244億円に増額修正。大幅な上方修正であるものの、第1四半期の進捗などから、サプライズは乏しい状況のようだ。なお、「君の名は。」と「シン・ゴジラ」の本格的な寄与が今後見込めることを考慮すれば、下半期の収益上振れ余地も大きいとみられている。

<5453> 東洋鋼鈑 281 -23大幅反落。前日に業績予想の下方修正を発表している。上半期営業利益は8億円から1億円に、最終損益は3億円の黒字から10億円の赤字に減額している。自動車用プレス金型販売のずれ込み、為替差損の発生などが主な背景に。7-9月期は営業損益段階から赤字に転落する格好になっており、失望売り圧力が強まる状況のもようだ。

<6323> ローツェ 2279 +137大幅続伸で年初来高値を更新。前日の特集記事において、「超小型株」ファンドを日本で唯一運用するスパークスが紹介されており、同ファンドの代表的な保有株として同社が取り上げられている。サムスン電子など世界の大手を顧客に抱え、高い技術力を持つ点に着目などとしている。ファンドが注目する中小型株として、関心が高まる展開のようだ。

<9062> 日本通運 484 -24売り優勢。上半期営業利益は前年同期比1%増の233億円程度にとどまる見通しとの観測報道が伝っている。従来予想は235億円でほぼ想定線、市場予想も同水準であるとみられている。観測数値にサプライズは乏しいものの、台風による農産物の物流減少や韓国の海運大手の経営破たんの影響は下期業績の懸念になると伝わっており、先行きへの警戒感が先行する形に。

<4751> サイバーAG 2960 +55続伸。JPモルガン証券(JPM)では投資判断を「ニュートラル」から「オーバーウェイト」に格上げ、目標株価を5400円から7200円に引き上げている。期待値が依然として低い「Abema TV」事業だが、若年層を中心とした順調なユーザー拡大を踏まえれば、収益化はさほど困難でないと指摘。また、ゲームや広告事業など中核事業の高い競争優位性は安心材料とも考えているもよう。

<8058> 三菱商事 2191.5 +27もみ合い。ゴールドマン・サックス証券(GS)では投資判断を「中立」から「買い」に格上げ、目標株価も1900円から2550円に引き上げている。原料炭価格見通しの大幅な引き上げを背景に、エクスポージャーの大きい同社の純利益予想を38%引き上げているようだ。ただ、OPEC非公式会議を控えるなかで警戒感も先行、ポジティブな反応は限定的にとどまっている。

<XH>

fisco

eth-induction-th

トルコリラが金利8%に。魅惑のFXスワップ投資とは
トルコが2年半ぶりに利上げ。FXスワップ投資を始めるなら今が好機か?スワップ投資のメリットと注意点、スワップ投資に最適なFX会社について、マネーポストWEB編集部が検証する。<続きを読む>
  • 2016年に100万円以上の実績も FXは自動で取引してくれる「フルオート」が理想か
  • 話題のロボアドバイザー 投資未経験者や初心者になぜオススメか?
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。