マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】イデアインター Research Memo(7):トラベルショップをメインに雑貨、オーガニックの店舗も出店

2016年10月6日 15:18

■中期計画と成長戦略

(3)店舗展開

前述のように、イデアインターナショナル<3140>は店舗展開について一部方針を変更した。従来は、“トラベルショップ「ミレスト」を新規出店し、「ミレスト」の店舗数を2018年6月期末時点で55店舗体制を目指す”というものであった。

新しい方針は、ミレストのみならずインテリア雑貨の「Idea Seventh Sense」や「Terracuore」の店舗も需要に応じて出店するというものだ。同社がこのように方針を転換した背景には、全国的にアパレル店舗の不振・退店が目立つ中で、ショッピングモールやRSC(地域型ショッピングセンター)などの家主側から、同社のインテリアショップなどへの引き合いや出店要請が増加してきていることがある。また、前述のように、同社自身がミレストのみならず「BRUNO」と「Terracuore」の両ブランドについて自信を深めたことも理由の一つと言えよう。

2016年新中期経営計画において業績計画を2019年6月期まで延伸したことを受けて、店舗展開についても計画を延伸した。2017年6月期においては15店舗の新規出店を行い、期末店舗数を35店舗とする計画だ。2018年6月期は同様に15~20店舗出店し、期末店舗数は50~55店舗を目指すとみられる。2019年6月期はさらに15~20店舗を新規出店し、70店舗体制を目指す方針だ。なお、出店店舗のブランド・業態別内訳は明らかにされていない。

弊社では、今回の方針変更についてポジティブに考えている。従来のトラベルショップという単一業態で55店舗体制(2018年6月時点)を目指すという方針に比べて、需要に合わせて3業態に分散して70店舗体制(2019年6月時点)にしたほうが、リスクが小さいと考えている。同社がEC強化も掲げていることとの整合性は、化粧品の持つ香りや個々の製品の持つ質感や使い心地などインターネットでは伝えきれないものをリアル店舗で補うということで、確保されると考えている。同社が自社店舗をショールームと割り切っているとまでは考えにくいが、同社が出店先として想定するショッピングモールやRSCが全国には3,000以上※あることを考えれば、ECとリアル店舗の相互補完を目指すという戦略は十分説得力があると考えている。

※一般社団法人日本ショッピングセンター協会によると、2015年末のショッピングセンター数は3,195とされている。このうち、店舗面積を50,000平方メート以上で区切ると136ヶ所、30,000平方メート以上で区切ると396ヶ所、10,000平方メートル以上区切ると1,752ヶ所となっている。

同社の多店舗展開に不安をもつ向きもあろうが、弊社はその点では懸念していない。理由は、インテリア雑貨やオーガニック化粧品の店舗においても、トラベル用品同様、ローコストの店舗形態を開発し、それによる出店を中心に多店舗展開を図るものとみられるからだ。また、店舗数についても、弊社では柔軟に変更する可能性があるとみている。まずは、インテリア雑貨やオーガニック化粧品の領域でのローコスト店舗の1号店の出店を見守りたいと考えている。

(4)広告戦略

同社は2016年新中期経営計画においても積極的な広告宣伝費投下を計画している。2017年6月期は前期比約3倍の広告宣伝費を投下する予定だ。

内容はこれまで同様、Web広告や交通広告主体となる見通しで、商品ブランド名と同社名の両方の認知度向上を目指す計画だ。効果としては、EC売上拡大のみならず、小売店舗の売上拡大への貢献も期待している。また、これまでの経験から、広告宣伝費の投下で露出度が上がると、卸売の商談においてもプラス効果が出ることが確認されている。同社が商品の宣伝を行うことが間接的に卸先の販売をサポートするためだ。同社は金額の増額もさることながら、このような一石三鳥の効果をより高められるような広告手法の探求にも取り組む計画で、この点では親会社のRIZAPグループのノウハウが活用できるものと弊社では期待している。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)

<TN>

fisco

eth-induction-th

顧客満足度を追求!餃子が大量にもらえるFX会社
餃子最大400個プレゼントをはじめ、次々と魅力的なキャンペーンを展開するヒロセ通商。業界最高水準の取引環境を備え、オリコン日本顧客満足度3年連続1位を獲得した同社を取材した。<続きを読む>

eth-induction-th

トルコリラが金利8%に。魅惑のFXスワップ投資とは
トルコが2年半ぶりに利上げ。FXスワップ投資を始めるなら今が好機か?スワップ投資のメリットと注意点、スワップ投資に最適なFX会社について、マネーポストWEB編集部が検証する。<続きを読む>
  • 2016年に100万円以上の実績も FXは自動で取引してくれる「フルオート」が理想か
  • 話題のロボアドバイザー 投資未経験者や初心者になぜオススメか?
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。