マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】イデアインター Research Memo(9):17/6期も売上高は拡大予想、大幅な営業増益も見込む

2016年10月6日 15:22

■2017年6月期業績見通し

2017年6月期についてイデアインターナショナル<3140>は、売上高7,616百万円(前期比23.6%増)、営業利益264百万円(同44.4%増)、経常利益198百万円(同33.8%)、当期純利益188百万円(同27.1%減)を予想している。

弊社では、この業績予想について、十分達成可能だと考えている。一方で、後述するような理由から上方修正を伴うような上ブレという可能性も小さいと考えている。

売上高について、弊社では23.6%増という増収率は十分達成可能だと考えている。けん引役は小売事業(店舗売上とEC売上双方)だ。小売事業では2017年6月期において15店の新規出店を計画している。営業開始のタイミングを考慮しても店舗小売売上高は前期比40%近い増収が期待される。ECは広告宣伝費の投下の効果が最も出やすい業態で、ホットプレートにけん引されたインテリア雑貨の一段の伸びが期待される。弊社では50%を超える増収率も十分可能性はあるとみている。

利益を考える上では、為替レートが重要な意味をもつ。これは2016年6月期決算で改めてクローズアップされた。同社は2016年6月期第3四半期(累計期間)には前年同期比7円の円安で苦しんだ経験から、130円/ドルを前提として業績計画を策定するよう切り替えた。足元の為替レートの差はかなり広がっており、利益面では為替レート差によるバッファーが生まれつつある状況だ。過去の実績では、1ドル当たり7円の為替レートの変動につき売上総利益率1%という為替感応度が認められた。

ただし、為替レートによるバッファーがそのまま利益上ブレにつながるとは弊社ではみていない。理由の一つには為替のバッファーを同社が丸々取り込めるわけではないということがある。また、同社がトップライングロースのために広告宣伝費を積極的に投入するスタンスということもある。同社が現在目指すのは持続的成長を実現するための仕組み作りであって目先の上方修正の実現ではないからだ。

販管費においては、広告宣伝費以外の経費は、これまで同様、しっかりとコントロールされるとみている。反対に広告宣伝費は、前述のように前期比3倍増が計画されている。利益面で余裕が出た場合には、その分が追加的に広告宣伝費に投下されるのではないかと弊社では推測している。

2017年6月期の注目点の一つは、インテリア雑貨などを束ねる「BRUNO」ブランドにおいて、ホットプレートに続くヒット作が出るかどうかだ。本格ドリップコーヒーを楽しむための電気ケトルやアロマランプなどが具体例として公表されている。これら新製品がどのような健闘を見せるかに注目していきたい。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)

<TN>

fisco

eth-induction-th

顧客満足度を追求!餃子が大量にもらえるFX会社
餃子最大400個プレゼントをはじめ、次々と魅力的なキャンペーンを展開するヒロセ通商。業界最高水準の取引環境を備え、オリコン日本顧客満足度3年連続1位を獲得した同社を取材した。<続きを読む>

eth-induction-th

トルコリラが金利8%に。魅惑のFXスワップ投資とは
トルコが2年半ぶりに利上げ。FXスワップ投資を始めるなら今が好機か?スワップ投資のメリットと注意点、スワップ投資に最適なFX会社について、マネーポストWEB編集部が検証する。<続きを読む>
  • 2016年に100万円以上の実績も FXは自動で取引してくれる「フルオート」が理想か
  • 話題のロボアドバイザー 投資未経験者や初心者になぜオススメか?
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。