マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】【休日に読む】一尾仁司の虎視眈々(3):◆悩ましい供給過剰問題◆

2016年10月16日 10:05



〇原油相場の強弱観対立、悩ましい供給過剰問題〇

9月28日、予想外の「OPEC減産合意」で1バレル50ドル台に乗せてきた原油相場の強弱観が対立している。サウジを中心とした産油国の価格引き上げ思惑を重視し、「年内60ドル、来年央70ドル」(ヘッジファンドのアンデュラン・コモディティーズ)との見方がある一方、協調体制に懐疑的で、減産までは至らず、イランやナイジェリア、リビアなどの大幅増産が市況を圧迫する(日量70万バレル程度の観測がある)との弱気が対立する。

12日にOPECが発表した加盟国の9月の産油量は日量3339万バレル、前月比22万バレル増。アルジェリア会合で合意した日量3250万−3300万バレルの上限を上回る。一方、8日から13日まで、トルコ・イスタンブールで「世界エネルギー会議」が開催され、この裏で主要産油国間の非公式会合が重ねられていると見られる。今月28−29日に専門家会合、11月末にOPEC総会が開催予定で、合意具体化に向けた動きが続く。ロシアやメキシコが協議に加わっており、ロシアは増産凍結(減産しない)に賛同する姿勢を見せている。

これらを睨みながら、売りも買いも最高水準に膨らんだ(ネットでは買いが増勢とされる)投機筋の攻防が続く。今までは、買戻し相場の色彩だったが、商品相場への影響力が大きい米GSは、買い残が膨らんできているとし、第4四半期の価格予想を43ドル(17年は52ドル)とし弱気派の代表的スタンス。原油相場の動向は米国の「12月利上げ」シナリオにも影響すると見られる。

原油だけでなく、素材・商品相場全般にグローバル経済化による供給過剰感が大きな圧迫要因になっている。国内市場中心であれば、不況カルテルや協調減産が論議されるところだが、OPECと言えども非加盟国が増え、統制力の低下は否めない。需給アンバランスには、新興国・資源国での開発促進だけでなく、IT化などによる在庫水準の一変、物流網の発達(皮肉にも海運も過剰だが)、さらに金融規制強化による商品相場への投機資金流入制限(投資銀行規制)などが複雑に絡む。また、需給変動に中国の影響が大きく、政治攻防(腐敗追及で石炭の令計画一族の山西閥崩壊が代表的)も加わって一層読み難くしている。

ただし、下落一方の局面ではなく、OPECのような協調体制の動き、中国の国営企業集約化の動き(鉄鋼減産の成果は上がっていないが、大きな注目点)、韓国・韓進海運破綻によるバルチック海運指数の急騰など、変節点と見られる動きが交錯し始めている。商品市況の短期的な変動が激しくなっていると受け止められ、高騰が伝えられる石炭相場に、最も懐疑的なのは鉱山会社とされる。為替変動要因も加わるため、市況・素材関連株の売買は短期変動の繰り返しと想定される。


以上



出所:一尾仁司のデイリーストラテジーマガジン「虎視眈々」(16/10/13号)


<WA>

fisco

eth-induction-th

トルコリラが金利8%に。魅惑のFXスワップ投資とは
トルコが2年半ぶりに利上げ。FXスワップ投資を始めるなら今が好機か?スワップ投資のメリットと注意点、スワップ投資に最適なFX会社について、マネーポストWEB編集部が検証する。<続きを読む>
  • 2016年に100万円以上の実績も FXは自動で取引してくれる「フルオート」が理想か
  • 話題のロボアドバイザー 投資未経験者や初心者になぜオススメか?
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。