FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】“IKEAに居座る中国人”、社会問題の縮図

2016年10月20日 16:49

中国では、北欧風家具販売チェーンIKEAの広い店舗内に置かれたソファやレストランに中国人が居座る様子が度々報じられ、「迷惑だ」とする批判の声が上がっている。最近では上海市内の店舗が居座り行為に歯止めをかけようと張り紙を出し、この問題が再び注目を集めた。こうした中、ニュースサイトの中国新聞網は19日、「“IKEAに居座る中国人”は社会の縮図であり、ソファで眠りこける会社員や仲間たちと語り合って長い時間を過ごす高齢者にも、それぞれの理由がある」と指摘する記事を掲載した。
記事では、北京市内のIKEA店舗に「会社がある日にはだいたい毎日、昼寝をしに来ている」というOLの例を紹介。毎日夜遅くまで残業をし、疲れすぎているため、ここで20~30分間でも昼寝をしないと体がもたないというのだ。同記事は中国で仕事や生活のストレスのため不眠状態となった成人の割合が38.2%に上るとのデータを挙げながら、OLの行為に一定の理解を示した。
また、上海市内の店舗にあるレストランでは毎週火曜と水曜に大勢の高齢者がお茶や食べ物を持参して集まり、居座っているという。店側は「食事をご注文の上、席にお着き下さい」との張り紙を出したが、これには周囲から「迷惑なので当然だ」との声が上がる一方で、「高齢者はほかに集まる場所がないのだから、多めに見るべきだ」といった同情的な意見も上がった。
IKEAは低収入の若者たちのデートの場所にもなっている。キッチン用品などが安く買えるほか、レストランではドリンクが2人民元(約30円)、ホットドッグが5人民元ほどで楽しめるため、「街中でデートをするよりも安上がり」なのだという。麦可思研究院によると、中国の大学新卒者の初任給は2015年度で3726人民元(就職半年後の時点)と、物価水準のわりに低いという。

【亜州IR】

<ZN>

fisco

fx-induction-th

もう焦らない! 大荒れの米大統領選で実績を残したFX
大荒れとなった米国の大統領選。ヒラリー氏が若干の優勢と報道されていたにも関わらず、開票当日になるとトランプ氏が優勢となり、日経平均や為替相場は大混乱。しかし大統領選当日、あるFXサービスの利用者の90%が利益を上げていた!という情報を入手した。誰もが予想できなかった事態をもろともせず、利益を出したその方法とはいったい……<続きを読む>

eth-induction-th

トルコリラが金利8%に。魅惑のFXスワップ投資とは
トルコが2年半ぶりに利上げ。FXスワップ投資を始めるなら今が好機か?スワップ投資のメリットと注意点、スワップ投資に最適なFX会社について、マネーポストWEB編集部が検証する。<続きを読む>
  • 2016年に100万円以上の実績も FXは自動で取引してくれる「フルオート」が最適か
  • 話題のロボアドバイザー 投資未経験者や初心者になぜオススメか?
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ
    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2016 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。