FiscoNews

【注目トピックス 日本株】エクストリーム—「もう、ゲームだけとは言わせない!」エクストリーム佐藤社長(2/2)

2016年11月1日 15:40

エクストリーム<6033>---「もう、ゲームだけとは言わせない!」エクストリーム佐藤社長(1/2)の続き

------

【飯村真由のライブ社長インタビュー】

飯村:2014年12月に上場された後、一番メリットとして感じた部分は何でしょうか?

佐藤:先ほどゲーム業界のパブリッシング層とプロダクション層の話をさせていただきましたが、当社はプロダクション層にいるので誰でも知っている企業というわけではなく、まだ名刺代わりになるゲームタイトルがない状況です。ただ、この業界においてプロダクション層にいるということは、地味ながら伸びていきやすい傾向があり、このような説明を潜在株主の皆様、顧客になりうる企業の方々にアピールできる機会が増えたことが上場後の大きな効果だと感じております。

飯村:御社では社員のクリエイターやエンジニアを顧客先に派遣し、現場常駐させてプロジェクトを進めるわけですが、自社の優秀な人材を顧客に引き抜かれてしまうことはないのでしょうか?

佐藤:昔はあったのですが、ここ最近ではゼロではないもののかなり減ってきています。今年4月にクライアントのお客様をお呼びした大規模な感謝祭を初めて行うなど、我々の存在をアピールする機会も作っていますし、当社のプロダクションという存在意義が業界的に認めていただけるようになったのではないかと思っています。

飯村:今後の成長において人材の獲得が非常に大切だと思うのですが、人材採用はどのようにされているのでしょうか?

佐藤:今回の池袋駅直結のビルに移転すること(9月20日に池袋駅直結のメトロポリタンプラザビル21階に移転済み)も実は人材獲得のための施策の1つで、現場常駐の社員が現場作業終了後に本社に立ち寄りやすくするためや、駅直結の好立地にある当社で働きたいと考える人を増やすために決断しました。新規の人材獲得だけではなく、顧客企業へ常駐している社員との円滑なコミュニケーションの両方が大切だと考えております。

飯村:ソリューション事業におけるゲーム以外の非エンターテインメント系顧客比率が現在30%を超えてきたことが、御社の新たな強みであり魅力だと思うのですが、この比率を今後どれくらいまで上げていきたいと考えているのでしょうか?

佐藤:50%くらいの構成比率にしていきたいと考えています。ゲーム企業に比べて、Webサービスなどの非エンターテインメント系企業はかなりの数がありますので、そのような企業を対象に当社がクリエイター・エンジニアのプロダクション企業としての強みを活かして更に事業展開していきたいと思っています。

飯村:ゲーム市場全体の成長性はどのように考えていますか?

佐藤:市場そのものはまだ拡大すると考えています。最近ですと「ポケモンGO」のような新しい発明的なゲームが出てきたり、スマートフォンが生活に密着してくることでエンターテインメント系の市場はまだまだ拡大すると思います。その一方で、ゲーム開発などは海外からのシームレスな動きが加速していくのではないかとも考えています。

飯村:以前インタビューをさせていただいた時に、「ゲーム業界に携わっている企業として、自社ゲームでヒット作を生み出したい!」とおっしゃっていましたが、その気持ちは変わっていないですか?

佐藤:はい、変わっておりません!私はエンターテインメント系ソフトウェアの業界経験が30年近くになりますが、実は過去に家庭用ゲーム向けで数十万本のヒットを出した経験もありますので、そろそろヒット作を出せるのではないか?と感じています。そちらも期待していてください。

飯村:今後の中期目標である売上高100億円は何年後くらいで達成されるイメージでしょうか?

佐藤:中期経営計画をはっきりと発表しているわけではありませんので、あくまでもイメージとしてですが、4年後には到達していきたいと思っています。

飯村:最後に株主還元の方針についてはいかがでしょうか?

佐藤:上場前は内部留保を蓄積させてきましたが、当面は税引き後の当期純利益の20%を配当性向としていく方針です。

飯村:佐藤社長ありがとうございました。

以上

---------------------

本セミナーの動画をフィスコIRのセミナーページにて公開しておりますので、そちらも是非ご覧ください。

なお、11月14日に同社の2017年3月期中間決算が発表される予定です。



<HK>

fisco

fx-induction-th

もう焦らない! 大荒れの米大統領選で実績を残したFX
大荒れとなった米国の大統領選。ヒラリー氏が若干の優勢と報道されていたにも関わらず、開票当日になるとトランプ氏が優勢となり、日経平均や為替相場は大混乱。しかし大統領選当日、あるFXサービスの利用者の90%が利益を上げていた!という情報を入手した。誰もが予想できなかった事態をもろともせず、利益を出したその方法とはいったい……<続きを読む>

eth-induction-th

トルコリラが金利8%に。魅惑のFXスワップ投資とは
トルコが2年半ぶりに利上げ。FXスワップ投資を始めるなら今が好機か?スワップ投資のメリットと注意点、スワップ投資に最適なFX会社について、マネーポストWEB編集部が検証する。<続きを読む>
  • 2016年に100万円以上の実績も FXは自動で取引してくれる「フルオート」が最適か
  • 話題のロボアドバイザー 投資未経験者や初心者になぜオススメか?
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ
    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2016 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。