FiscoNews

【注目トピックス 日本株】ADR日本株ランキング~トヨタなど全般軟調、シカゴは大阪比200円安の17240円

2016年11月2日 7:49


ADR(米国預託証券)日本株は対東証比較(1ドル104.08円換算)でトヨタ<7203>、NTTドコモ<9437>、ファナック<6954>、ホンダ<7267>、三井住友<8316>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>、ソニー<6758>、住友電<5802>など、全般軟調。シカゴ日経225先物清算値は大阪比200円安の17240円。


1日の米国株式相場は下落。ダウ平均は105.32ドル安の18037.10、ナスダックは35.56ポイント安の5153.58で取引を終了した。クリントン氏の私用メール問題などで大統領選挙の不透明感が強まっていることから売りが先行。連邦公開市場委員会(FOMC)や雇用統計の結果を見極めたいとの思惑もあるほか、パイプラインの火災事故を受けて、ガソリン価格が急騰したことも嫌気された。ダウ平均は一時200ドルを超す下落となったものの、引けにかけてやや下げ幅を縮小した。

ドル・円は、104円96銭まで上昇後、103円80銭へ反落して104円16銭で引けた。米国の10月ISM製造業景況指数が予想を上回ったため一時ドル買いが強まったのち、9月建設支出が予想外のマイナスに落ち込んだほか、原油安に加えて、大統領選の一部世論調査でトランプ氏優勢との報道で警戒感が一気に強まりリスク回避の円買い、ドル売りが加速。

NY原油は3日続落(NYMEX原油12月限終値:46.67↓0.19)。高値は22時40分の47.35ドル、安値は3時19分の46.20ドル。テキサス州から米南東部にガソリンなどを運ぶパイプラインの一部で火災が発生。輸送停止に伴い短期的な需給引き締まりが期待されたが、反発とはならなかった。

なお、ADR日本株の上昇率、下落率上位は以下の通り。

■ADR上昇率上位5銘柄(1日)
コード⇒銘柄名⇒終値⇒日本円換算価格(日本終値比)⇒騰落率
<5406>神戸鋼 4.24ドル 883円 (8円) +0.91%
<5401>日鉄住金 20.04ドル 2086円 (15円) +0.72%
<9202>ANA 5.72ドル 298円 (-1円) +-0.33%
<6586>マキタ 69.28ドル 7211円 (-29円) +-0.4%
<8252>丸井 28.44ドル 1480円 (-6円) +-0.4%

■ADR下落率上位5銘柄(1日)
コード⇒銘柄名⇒終値⇒日本円換算価格(日本終値比)⇒騰落率
<5802>住友電 13.89ドル 1446円 (-103.5円) -6.68%
<6753>シャープ 1.64ドル 171円 (-8円) -4.47%
<6758>ソニー 30.73ドル 3198円 (-139円) -4.17%
<6448>ブラザー 36.55ドル 1902円 (-52円) -2.66%
<8411>みずほFG 3.33ドル 173円 (-4.6円) -2.59%

■その他ADR銘柄(1日)
コード⇒銘柄名⇒終値⇒日本円換算価格(日本終値比)
<7203>トヨタ 114.73ドル 5971円 (-101円)
<9437>NTTドコモ 25.17ドル 2620円 (-30.5円)
<9432>NTT 44.4ドル 4621円 (-61円)
<8306>三菱UFJ 5.16ドル 537円 (-10円)
<9984>ソフトバンクG 30.97ドル 6447円 (-92円)
<6954>ファナック 29.7ドル 18543円 (-297円)
<7267>ホンダ 29.03ドル 3021円 (-59円)
<8316>三井住友 6.85ドル 3565円 (-77円)
<7201>日産自 20.14ドル 1048円 (-20円)
<8411>みずほFG 3.33ドル 173円 (-4.6円)
<6758>ソニー 30.73ドル 3198円 (-139円)
<7751>キヤノン 28.61ドル 2978円 (-43円)
<9983>ファーストリテイ 33.98ドル 35366円 (-524円)
<8058>三菱商 44.5ドル 2316円 (-30円)
<6902>デンソー 21.58ドル 4492円 (-77円)
<7974>任天堂 30.1ドル 25062円 (-383円)
<5108>ブリヂストン 18.63ドル 3878円 (-56円)
<8766>東京海上HD 39.88ドル 4151円 (-65円)
<7270>富士重 19.3ドル 4017円 (-62円)
<6503>三菱電 27.5ドル 1431円 (-28円)
<8802>菱地所 20.12ドル 2094円 (-33.5円)
<4452>花王 50.66ドル 5273円 (-44円)
<8031>三井物 276.55ドル 1439円 (-13.5円)
<6301>コマツ 22.09ドル 2299円 (-30円)
<8001>伊藤忠 25.43ドル 1323円 (-15円)
<8591>オリックス 78.58ドル 1636円 (-24円)
<4901>富士フイルム 38ドル 3955円 (-55円)
<8604>野村HD 4.95ドル 515円 (-10.4円)
<5401>日鉄住金 20.04ドル 2086円 (15円)
<4523>エーザイ 63.43ドル 6602円 (-32円)
<6971>京セラ 49.07ドル 5107円 (-63円)
<1925>大和ハウス 27.7ドル 2883円 (-30.5円)
<9735>セコム 18.15ドル 7556円 (-81円)
<7741>HOYA 42.08ドル 4380円 (-18円)
<2503>キリン 17.87ドル 1860円 (-11.5円)
<3402>東レ 18.52ドル 964円 (-8.4円)
<8053>住友商 11.55ドル 1202円 (-7円)
<8309>三井トラスト 3.35ドル 3487円 (-81円)
<2802>味の素 22.29ドル 2320円 (-13円)
<3407>旭化成 17.93ドル 933円 (-10.7円)
<6988>日東電 35.12ドル 7311円 (-126円)
<7733>オリンパス 35.63ドル 3708円 (-42円)
<8267>イオン 13.88ドル 1445円 (-28円)
<6702>富士通 29.5ドル 614円 (-3.9円)
<1928>積水ハウス 16.55ドル 1723円 (-24円)
<5802>住友電 13.89ドル 1446円 (-103.5円)
<7202>いすゞ 12.31ドル 1281円 (-18.5円)
<4911>資生堂 25.42ドル 2646円 (-14.5円)
<9202>ANA 5.72ドル 298円 (-1円)
<6586>マキタ 69.28ドル 7211円 (-29円)

<NO>

fisco

fx-induction-th

もう焦らない! 大荒れの米大統領選で実績を残したFX
大荒れとなった米国の大統領選。ヒラリー氏が若干の優勢と報道されていたにも関わらず、開票当日になるとトランプ氏が優勢となり、日経平均や為替相場は大混乱。しかし大統領選当日、あるFXサービスの利用者の90%が利益を上げていた!という情報を入手した。誰もが予想できなかった事態をもろともせず、利益を出したその方法とはいったい……<続きを読む>

eth-induction-th

トルコリラが金利8%に。魅惑のFXスワップ投資とは
トルコが2年半ぶりに利上げ。FXスワップ投資を始めるなら今が好機か?スワップ投資のメリットと注意点、スワップ投資に最適なFX会社について、マネーポストWEB編集部が検証する。<続きを読む>
  • 2016年に100万円以上の実績も FXは自動で取引してくれる「フルオート」が最適か
  • 話題のロボアドバイザー 投資未経験者や初心者になぜオススメか?
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ
    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2016 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。