FiscoNews

【注目トピックス 日本株】三井智映子と始める株主優待入門(3):株主優待投資で知っておくべき用語

2016年11月8日 9:20



こんにちは、フィスコリサーチレポーター三井智映子です。

株主優待に興味をもって投資を始めてみようと思ったのだけれど、証券会社のHPなどに出てくる専門用語がよくわからない、ということ、あるのではないでしょうか。

今回はそんな方のために、特に初歩的な、知らないと困る用語を取り上げて、解説していきたいと思います。

○保有株式数
株主優待を得るのにどれだけの株をもっていればいいのかは、企業により異なります。ですが、最近では最低保有株式数が100株、という企業が多いようです。
保有する株数が多くなれば、より有利な優待を受けられる場合もあります。ただ、株主優待を実施しているほとんどの企業では、最低保有株式数での優待利回りが一番お得になっているようです。また保有している期間が長くなるとよりたくさん優待がもらえるものや、1年以上の保有など条件つきの銘柄もあります。

○権利確定日
権利確定日というのは、その日に株主として株主名簿記載されていることにより、株主優待や配当、株式分割などの権利を得られる日です。各企業それぞれに定められていて、この日に所定の株数を保有しているか、していないかで、優待が提供されるかどうかが決まります。それまでの保有期間は基本的に関係ありません。この権利確定日がいつなのかはチェックしておいてくださいね。

○権利付最終日
権利確定日に株主であることを認めてもらうために、この日までには株を保有しておいてくださいね、という日が権利付最終日です。通常は権利確定日の3営業日前が権利付最終日となります。権利付最終日の当日に買っても大丈夫で、権利付最終日の翌日まで持ち越せばOKです。

○権利落ち日
この日に株を買っても、権利確定日に株主としては認められません、という日のことで、基本的に権利付最終日の次の日となります。逆に言えば、権利落ち日に株式を売っても、権利付最終日に株を保有してさえいれば、権利確定日に株主として株主名簿記載されるため、株主優待は受け取れるということになります。

○優待利回り
投資金額に対する優待によるリターンの割合のことで、優待投資でとくに重視したいポイントのひとつです。これが高ければ高いほど優待利回りが高い、つまりお得ということ。計算式は簡単です。
優待利回り(%) = 株主優待の価値 ÷ 投資金額 ×100
これに、次に説明する配当利回りを足して、トータルでどのくらいのリターンがあるかを見ていくことが、銘柄選びの判断基準のひとつとなります。

○配当利回り
企業が決算時などに利益の一部を株主に還元するお金が配当金です。そして投資金額に対してどのくらいの配当金が得られるのかを表したのが配当利回りとなります。配当金の額は企業によって様々で、配当利回りの平均は2%前後といわれています。私は配当と優待を合わせた配当優待利回りを重視しており、5%を目処にしています。5%以上あると長期投資としてもなかなかの高利回りと考えます。配当優待利回りは株価によって変わりますので株価のチェックも必要です。

○つなぎ売り
信用取引の売りとの組み合わせで損益を確定させながら、株主優待の権利を取る、つまり株主優待タダ取りという状態にできる手法がつなぎ売りです。……と、この解説だけで理解できる方は、間違いなく株式投資の中上級者ですよね。「株主優待から株式投資を始めよう」という方には、チンプンカンプンなはず。つなぎ売りは株主優待ではポピュラーな投資手法ではありますが、初級者には理解しづらい上級テクニックなので、後日、くわしく別項目を立てて解説したいと思います。


ざっとですが、株主優待投資においてよく使われる用語をまとめてみました。
チェックするものが多くて大変だと思う方も多いかもしれませんが、慣れればそんなに手間ではなくなるはずです。
とはいえ企業のホームページで優待内容や権利確定日などをひとつひとつ確認し、株価もチェックして……というのを毎回やるのはちょっとハードルが高いですよね。

そこでおすすめなのが、証券会社のウェブサイトを活用することです。
多くのネット証券会社では自社サイトに銘柄検索(スクリーニングとも言います)機能を用意しています。そこで「株主優待検索」を選び、検索項目を指定すれば、条件に合った銘柄が表示されてきますので、とても便利ですし、見ているだけでも楽しめますよ。

こうした検索機能は、ネット証券各社とも力を入れていて充実していますが、こと株主優待に関する検索では、「つなぎ売り」ができる銘柄も簡単に絞り込むことができる点で、SBI証券のサイトがかなり優れていると思います。

上手に活用して「株主優待ライフ」を楽しんでくださいね!

三井智映子と始める「株主優待入門」は、三井智映子の見解でコメントしています。

フィスコリサーチレポーター 三井智映子


<FA>

fisco

fx-induction-th

もう焦らない! 大荒れの米大統領選で実績を残したFX
大荒れとなった米国の大統領選。ヒラリー氏が若干の優勢と報道されていたにも関わらず、開票当日になるとトランプ氏が優勢となり、日経平均や為替相場は大混乱。しかし大統領選当日、あるFXサービスの利用者の90%が利益を上げていた!という情報を入手した。誰もが予想できなかった事態をもろともせず、利益を出したその方法とはいったい……<続きを読む>

eth-induction-th

トルコリラが金利8%に。魅惑のFXスワップ投資とは
トルコが2年半ぶりに利上げ。FXスワップ投資を始めるなら今が好機か?スワップ投資のメリットと注意点、スワップ投資に最適なFX会社について、マネーポストWEB編集部が検証する。<続きを読む>
  • 2016年に100万円以上の実績も FXは自動で取引してくれる「フルオート」が最適か
  • 話題のロボアドバイザー 投資未経験者や初心者になぜオススメか?
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ
    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2016 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。