FiscoNews

【注目トピックス 日本株】北の達人 Research Memo(2):前期投入商品である「アイキララ」も順調に立ち上がる

2016年11月8日 16:01

■会社概要

(1) 事業内容

北の達人コーポレーション<2930>は、インターネットにて一般消費者向けに健康食品や化粧品を販売するe コマース事業を展開している。北海道を拠点としたオリジナルブランド「北の快適工房」のサイトでの、便秘やアトピー、ニキビなど、体の悩みのサポートに特化した商品の開発及び販売を主力とし、特にオリゴ糖を原料とする「カイテキオリゴ」が同社の成長をけん引してきた。現在の会員数は10万人規模と推定される。最近では、保湿ケア商品「みんなの肌潤糖」シリーズや、台湾及び香港など外国人からの評判も高い洗顔料「二十年ほいっぷ」が新たな収益柱となってきたほか、前期投入商品である「アイキララ」も順調に立ち上がっている。

北海道産のてん菜などを主原料として複数種のオリゴ糖を配合した高純度・高品質の(便秘に効く) 健康食品である「カイテキオリゴ」のほか、北海道産のてん菜から作られた砂糖を主原料とした保湿ケア商品である「みんなの肌潤糖」シリーズ、直火釜練り製法という独自製法を用い、保湿成分であるホエイを原料に加えたくすみ用の洗顔料である「二十年ほいっぷ」など20 品目の商品を取り扱っている。

商品別の売上高構成比率では、「カイテキオリゴ」が46.5%、「みんなの肌潤糖」シリーズが18.9%、「二十年ほいっぷ」が12.6% となっており、上位3商品群で78.1%を占めている(2017年2月期上期実績)。以前は「カイテキオリゴ」への依存度の高さが課題となっていたが、この数年はその状況が徐々に解消される傾向にある。

商品の製造については、OEM先に対する製造委託が中心であるため生産拠点は有していない。一方、札幌市の中心部に位置する観光・買い物スポット「狸小路商店街」にショールーム兼店舗(アンテナショップ)を開設(2015年8月26日)するとともに、2015年8月末にはアジア現地市場での通販強化のための拠点として台湾支社も設立している。

(2) 沿革

同社は、2002 年5 月に現代表取締役社長の木下勝寿(きのしたかつひさ)氏によって(株)北海道・シーオー・ジェイピーとして設立された(2009年3月に現在の(株)北の達人コーポレーションに商号変更)。ただ、創業の経緯としては2000年5月にまで遡り、リクルート出身の木下氏がEC市場の拡大を視野に入れ、ECサイト「北海道・しーおー・じぇいぴー」を立ち上げ、北海道特産食品のインターネット販売を開始したところからスタートする。

最初の転機は、競合するECサイトが増加するなかで差別化を図るため、2007年7月に健康美容商品の販売総合サイト「カイテキフレンドクラブ(現:北の快適工房)」を開設するとともに、同年9月にはアウトレット(規格外品)の食品販売に特化したWebサイト「北海道わけあり市場」を開設したことである。特に、当時としては珍しかった「北海道わけあり市場」は、多くのマスコミやTV番組で取り上げられ、大きな注目を集めた。しかしながら、こちらも比較的模倣されやすい事業であったことから、注目されるほど一気に競合が厳しくなった。

そこで2つ目の転機となったのが、他社が簡単には模倣できない圧倒的な品質や機能で勝負することを決断したことである。「北海道・しーおー・じぇいぴー」及び「北海道わけあり市場」の運営を譲渡するとともに、自社ブランド「北の快適工房」による健康美容商品の開発及び販売に軸足を移した。そのような経緯の中から「カイテキオリゴ」がヒット商品となり、順調に定期会員基盤の拡大を図りながら同社の成長をけん引してきた。2012年5月に札幌証券取引所アンビシャス市場に上場すると、2013年3月には同本則市場に市場変更。さらには2014年11月に東京証券取引所市場第2部へ重複上場を果たすと、2015年11月24日には同市場第1部銘柄へ指定替えとなり、4年連続での新規上場及び市場変更等を達成した。

2015年8月末には台湾支社を設立し、新たな成長ステージに向けて事業基盤が整ってきた。

なお、同社の収益性や成長性などが評価されたことから、米国の経済誌フォーブスアジア版(2014年8月号)において、アジア太平洋地域で売上高10億ドル以下の企業を対象とした優良企業200社に贈られるAsia’s 200 Best Under A Billion 賞を受賞している。また、東洋経済ONLINE で2015年3月に発表された「新・企業力ランキング トップ200」においても、銀行、証券、保険、その他金融を除く上場企業3,334社中、総合78位、業種別(食料品)では1位という評価となった。2015年9月には、国際的な起業家表彰制度である「EY アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー」※において、北海道ブロック代表に同社代表取締役社長の木下氏が選出された。

※新たな事業領域に挑戦する起業家の努力と功績を称える国際的な表彰制度。日本では2001 年よりEY アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー ジャパンとしてスタートし、全国から選ばれた起業家を毎年紹介している。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田 郁夫)

<HN>

fisco

fx-induction-th

もう焦らない! 大荒れの米大統領選で実績を残したFX
大荒れとなった米国の大統領選。ヒラリー氏が若干の優勢と報道されていたにも関わらず、開票当日になるとトランプ氏が優勢となり、日経平均や為替相場は大混乱。しかし大統領選当日、あるFXサービスの利用者の90%が利益を上げていた!という情報を入手した。誰もが予想できなかった事態をもろともせず、利益を出したその方法とはいったい……<続きを読む>

eth-induction-th

トルコリラが金利8%に。魅惑のFXスワップ投資とは
トルコが2年半ぶりに利上げ。FXスワップ投資を始めるなら今が好機か?スワップ投資のメリットと注意点、スワップ投資に最適なFX会社について、マネーポストWEB編集部が検証する。<続きを読む>
  • 2016年に100万円以上の実績も FXは自動で取引してくれる「フルオート」が最適か
  • 話題のロボアドバイザー 投資未経験者や初心者になぜオススメか?
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ
    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2016 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。