金・不動産

いま中古マンション投資が有利な理由とは

2016年11月17日 18:00

いま中古マンション投資が有利な理由とは

いま中古マンション投資が有利な理由とは

 サラリーマンの給料はなかなか増えない状況が続いている。国税庁の調査によると、2015年の平均給与は420万円。前年よりも若干増えたものの、リーマンショック前の437万円(2007年)に回復するには、まだ時間がかかりそうだ。

 そんな中で不動産投資に興味を持つ人が増えている。その魅力は大きく3つある。

 1つ目は、長期で安定した収益が期待できること。不動産投資の目的は、家賃収入を得ることだが、家賃相場は景気の影響をあまり受けない。例えば、リーマンショックで日経平均株価は半値以下に下落したが、家賃相場はほとんど変わっていない。経済情勢によって、若干の変動はあるものの、安定した収入が得られるのは大きな魅力だ。

 2つ目は、ローンが利用できること。マイナス金利のいま、金利負担は史上最低水準にある。預金をしようと思えばマイナス金利は不利に働くが、ローンを借りるには絶好の機会。頭金をほとんど用意しなくても、返済の多くの部分を家賃で賄うことが可能だ。ローンを利用して資産形成ができる商品は他にない。 
 
 3つ目は、生命保険としての機能も併せ持っていること。結婚して子どもが生まれれば、ある程度の生命保険に加入する必要が出てくる。万が一のときに家族の生活を守るためだ。しかし、保険料の多くは掛け捨てになってしまう。

 一方でローンを利用して不動産投資を行う場合には団体信用生命保険(団信)という保険がついている。万が一のことあれば、それがローンを肩代わりしてくれるので、遺族にはローンの完済されたマンションが残る。家賃収入をその後の生活に利用することができるわけだ。不動産投資は、老後資金の準備と生命保険の役割を兼ね備えた一挙両得の投資と言える。

 このようにメリットが大きい不動産投資だが、新築マンションとなると価格が高くなってしまう。しかも、新築マンションは買った瞬間に中古マンションになり、資産価値が目減りしてしまうのも難点だ。

 そこで、注目を集めているのが中古マンションへの投資。とくに築10年以降のマンションは価格が安く、手ごろな値段で投資が可能になる。たしかに新築マンションのほうが高い家賃を設定できるが、それも最初だけ。最初の入居者が退去してしまえば、次の募集からは中古物件になるので、どうしても家賃は下がってしまう。であれば、最初から購入価格が安い中古マンションに投資をした方が利回りは高くなる。とくに都内の中古マンションはニーズが高く、家賃相場は安定した推移をしている。

 ただし、投資をするには、ニーズの高い物件を見極めるための目利きが必要になる。そこで頼りになるのが、中古マンションに精通したパートナーだ。ジーエーテクノロジーズもその1つだ。同社は「IT×イノベーションで、人々に感動を。」をテーマに中古マンションに特化してビジネスを展開してきた。2013年の創業以来、全国9都市で300人以上の中古マンションオーナーが誕生している。その実力は入居率が証明している。マンション投資の最大のリスクは、入居者が見つからないことだが、同社の手掛ける物件の入居率は99.4%を誇っている。

 マイナス金利は永遠に続くものではない。いまこそ、そのメリットを最大限生かせる不動産投資を検討してみてはいかがだろうか。

■無料DVD・パンフレットのお申込みはこちら

fx-induction-th

もう焦らない! 大荒れの米大統領選で実績を残したFX
大荒れとなった米国の大統領選。ヒラリー氏が若干の優勢と報道されていたにも関わらず、開票当日になるとトランプ氏が優勢となり、日経平均や為替相場は大混乱。しかし大統領選当日、あるFXサービスの利用者の90%が利益を上げていた!という情報を入手した。誰もが予想できなかった事態をもろともせず、利益を出したその方法とはいったい……<続きを読む>

eth-induction-th

トルコリラが金利8%に。魅惑のFXスワップ投資とは
トルコが2年半ぶりに利上げ。FXスワップ投資を始めるなら今が好機か?スワップ投資のメリットと注意点、スワップ投資に最適なFX会社について、マネーポストWEB編集部が検証する。<続きを読む>
  • 2016年に100万円以上の実績も FXは自動で取引してくれる「フルオート」が最適か
  • 政策金利7.5%! トルコリラほか話題の高金利通貨に投資
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ
    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2016 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。