FiscoNews

【注目トピックス 日本株】【今週の注目トピック(2)】話題のテーマ『ビットコイン購入加速、情報銀行の設立』など

2016年11月13日 18:10



■中国人のビットコイン購入加速、元安懸念で(11/8)

【ビットコイン】
人民元相場の下落を受け、資金の逃避先を探す中国人投資家がビットコインに目を向けつつあると、米紙WSJが報じている。先週はビットコインの出来高が4700万ビットコインと、2011年以来の高水準に達したようである。WSJの報道によると、こうした取引の大部分は中国で行われたもの。この1カ月は中国の3大取引所でのビットコイン取引が世界全体の出来高の98%を占めたと伝えている。


<3696>セレス {ビットコインに関するアプリケーション}
<3917>アイリッジ {ブロックチェーン技術「mijin」}
<6172>メタップス {オンライン決済プラットフォーム}
<2315>SJI {システム開発}
<3807>フィスコ {フィスコ仮想通貨取引所}


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


■サムスン、ギャラクシーS8に「AI」採用か(11/8)

【AI】
韓国のサムスン電子は、人工知能(AI)を使ったアシスタント機能を大きな売りにしていく計画と米紙WSJが報じている。事情を知る複数の関係者の話として、次世代スマートフォンの旗艦モデル「ギャラクシーS8」について、従来より性能の高いAI機能を起動する専用ボタンの設置を検討していると伝えている。これにより、リコール問題で失った人気の回復を目指す。


<3666>テクノスジャパン {人工知能製品「scorobo(スコロボ)」}
<9749>富士ソフト {知能化技術}
<2158>FRONTEO {人の思考と行動を自動解析する人工知能を開発}
<6501>日立製作所 {事業の可否などの判断を助けるソフト}
<9984>ソフトバンクグループ {米IBMとAIサービス事業で提携}


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


■情報銀行の設立でビッグデータの入手が容易になる(11/8)

【ビッグデータ】
ネット上に蓄積される膨大な個人データの活用について検討する経済産業省の専門作業部会では、本人の同意を得て個人データのやり取りを仲介する「情報銀行」を作り、データを流通させる仕組みを構築するために必要な法整備を検討すると報じられる。情報銀行が設立されればビッグデータが比較的容易に入手できるようになることが予想される。これによってデータ分析サービスの需要が拡大する可能性が考えられる。


<3666>テクノスJPN{人工知能製品「scorobo」}
<2158>FRONTEO{人の思考と行動を自動解析する人工知能を開発}
<3655>ブレインパッド  {AI関連}
<3680>ホットリンク {ビッグデータ分析}
<3905>データセクション {ビッグデータ処理、解析}


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


■東京海上日動火災、自動運転中の事故を補償対象に(11/8)

【自動運転車】
自動車メーカーやIT企業の間で自動運転の開発が加速するなか、大手損害保険会社の「東京海上日動火災」は、来年4月から国内の保険会社では初めて自動運転中の事故を補償の対象とすることを決めましたと報じられている。当面、自動車保険を新規に契約したり更新したりする際に無料の特約として提供し、需要を見極めると伝えている。


<3663>アートスパークHD {子会社がZMPへ出資}
<4667>アイサンテクノロジー {自動運転の公道実験を実施}
<6758>ソニー {画像センサー、ZMPに出資}
<6773>パイオニア {デジタル地図}
<3652>DMP {画像処理半導体}


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


■米テスラモーターズ、急速充電を有料化へ(11/8)

【充電インフラ】
米電気自動車メーカー、テスラモーターズは、急速充電網の利用を来年1月以降に注
文した車両からは有料にすると発表した。テスラはEV普及のために充電インフラを自
ら整備し無料で提供してきた。EVの価格が下がり、普及期にさしかかりつつあること
から、急速充電を有料化。その収益を使ってさらに数を増やす計画と伝えている。


<6617>東光高岳ホールディングス {急速充電器国内シェアトップ}
<6641>日新電機 {充電スタンド}
<6651>日東工業 {充電電力制御システムや認証・課金システム}
<6506>安川電機 {充電スタンド}
<6728>アルバック {太陽光発電を活用した電気自動車用急速充電システム}


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


<WA>

fisco

fx-induction-th

もう焦らない! 大荒れの米大統領選で実績を残したFX
大荒れとなった米国の大統領選。ヒラリー氏が若干の優勢と報道されていたにも関わらず、開票当日になるとトランプ氏が優勢となり、日経平均や為替相場は大混乱。しかし大統領選当日、あるFXサービスの利用者の90%が利益を上げていた!という情報を入手した。誰もが予想できなかった事態をもろともせず、利益を出したその方法とはいったい……<続きを読む>

eth-induction-th

トルコリラが金利8%に。魅惑のFXスワップ投資とは
トルコが2年半ぶりに利上げ。FXスワップ投資を始めるなら今が好機か?スワップ投資のメリットと注意点、スワップ投資に最適なFX会社について、マネーポストWEB編集部が検証する。<続きを読む>
  • 2016年に100万円以上の実績も FXは自動で取引してくれる「フルオート」が最適か
  • 話題のロボアドバイザー 投資未経験者や初心者になぜオススメか?
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ
    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2016 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。