FX

大荒れの米大統領選で利用者の9割以上が利益を上げたFXとは?

2016年11月15日 15:30

大統領選の相場で9割が利益を出した方法とは?

大統領選の相場で9割が利益を出した方法とは?

 11月8日(日本時間9日)に行われた米国大統領選挙は、多くのメディアが報じた「ヒラリー・クリントン氏優勢」という予想を裏切る形で、ドナルド・トランプ氏が勝利した。

 このいわゆる「トランプ・ショック」で、当日の国内相場は大荒れ。11月9日の日経平均株価終値は前日比919円安と値を下げた。

 為替相場もドル/円で見てみると、105円台半ばから101円台半ばまで大きく暴落したあとに、105円台後半にまで暴騰する、という誰も予想できない展開となった。

 この間約6時間―――国内の多くのビジネスマンは、日中のこの時間に取引できるわけもなかった。たとえPCの前にいたとしても、ここまで大きな動きについていけた投資家はごく僅かなはずだ。

 しかし、そんな大荒れ相場でも、何の手間もなく利用者の9割以上が利益を上げたFX自動売買があったという。

■目次

【1】勝率は9割以上で、獲得利益は?
【2】レンジ追尾とはどんな方法?
【3】稼働まで簡単! イチから手順を紹介
【4】レンジ追尾の注意点

勝率は9割以上で、獲得利益は?

 その手法が、インヴァスト証券が提供するリピート注文系の自動売買「トライオートFX」の「レンジ追尾」だ。

 レンジ追尾の詳しい機能は後で説明するが、実際にこのレンジ追尾を使った人たちはトランプ・ショックでどれだけの利益を上げたのだろうか。

 日本で最多の取引量を誇る「ドル/円」を例に見てみると、11月9~10日の2日間だけで22万1000円(※)のプラスを叩き出していた。
※トライオートFX仕掛けランキング「レンジ追尾_ドル/円」の獲得pipsに対して1万通貨で取引した場合

 短期間にこれだけの利益を「相場の予想をせず」「ほったらかし」で上げる。そんな夢のようなことが現実に起こったのだ。

今なら最大10000円キャッシュバック!

invast-tieup20161115

レンジ追尾とはどんな方法?

トライオートFX」のレンジ追尾とは、「相場を予想しない」「一度設定したらあとは数か月、1年はほったらかし」という大きな特徴を持つ。FX初心者でも利用できる!と人気が広まり、利用者がぞくぞくと増えているようだ。

 取引イメージについては、動画で見た方が理解しやすいだろう。

 このように、値幅を広くとって値動きに合わせて細かく利益を積み上げていくのが、「レンジ追尾」の基本的な特徴だ。

 さらに、設定された値幅の中で売りと買いを同時に発注するため、今回の米国大統領選挙のようにどちらが勝つかわからない状況の中でも、柔軟に対応できるという優れもの。

 大統領選当日の大荒れになった為替相場でも、細かい上下の値動きをとらえて発注と利益確定を繰り返した結果、レンジ追尾ユーザーの9割以上が利益を上げることができたのだ

 為替相場は株とは違い、一定の範囲内で価格が上下するレンジ相場の局面が多数ある。

 今回は大統領選挙の結果を受けてドル/円での成績を紹介したが、ほかにも過去3年ほどレンジ相場を繰り返しているユーロ/豪ドルなど「レンジ追尾」に向いている相場もあるので、今のうちにしかけておいた方が得策かもしれない

稼働まで簡単! イチから手順を紹介

レンジ追尾」は稼働までの手順がカンタンなことも魅力のひとつ。口座開設後からの手順を詳細に説明する。

 口座開設がまだ済んでいない人は、下記バナーより無料の口座開設を。

今なら最大10000円キャッシュバック!

invast-tieup20161115

1.Myページにログインしたのち、トライオートFXのサービスを選ぶ

invast-tieup20161115

2.「トライオートFX」のサービス画面に入り、「自動売買専用パネル」(赤いボタン)をクリック

invast-tieup20161115-2

3.新しく画面が立ち上がるので、「レンジ追尾」を稼働させたい「通貨ペア」を画面の左上(赤い囲み)部分から選ぶ

invast-tieup20161115-3 一応右の赤い囲み内が「レンジ追尾」になっているかどうかも確認してほしい。

4.通貨ペアを選ぶと、その通貨の「レンジ追尾」で過去に実績を残した設定が、右の方に表示される(赤い囲み)

invast-tieup20161115-4 赤い囲み内の右端に「詳細」というボタンがあるので、それを押すと、その設定が「どんな方法で」「1回あたりいくら稼いでいるのか」などを確認できる。

5.「詳細」ボタンから設定の内容を確認し、OKなら、「赤い囲み」の名前部分をクリックし、「リストに追加」という青いボタンを押す

invast-tieup20161115-5 左のチャート画面に「黄色の線」や「青色の線」が出てきて、「この線の場所に注文を仕掛ける」ということを視覚的に教えてくれる。問題ないようだったら、「リストに追加」という青いボタンを押す。

6.画面を下にスクロールし、「リストを確定」というボタンを押す

invast-tieup20161115-6 画面下の方に注文の内容が細かく出てきて、設定を変更することも可能だが、詳しくない人はいじらないほうがいい。

7.「仕掛けを稼働」というボタンを押せば、「レンジ追尾」の稼働が始まる

invast-tieup20161115-7 トライオートFXはiPhone、androidでもアプリが提供されているので、スマホでも設定が可能。

レンジ追尾の注意点

 ただし、「レンジ追尾」を運用する上で注意点がある。

 レンジ追尾は売りと買いの両方に注文をかけるので相場が一時的にどちらかに偏った場合、評価損をかかえることがある。そのときは相場が反転するまで我慢が必要だ。

 この考えをもっておかないと評価損だけを見てすぐに稼働を停止してしまい、中長期でコツコツ利益を稼ぐレンジ追尾の利点を享受できずに終わってしまう。詳しい運用のコツや停止のタイミングなどは、インヴァスト証券が運営している攻略ブログで最新情報を確認しよう

 トランプ・ショックの余波はもうしばらく続き、今後の相場模様もなかなか読みづらい状況になりそうだ。そんな中で、簡単な設定だけで「相場の予想をせず」「ほったらかし」できる「トライオートFX」のレンジ追尾は、FXユーザーにとっての強力な一手になるだろう。

今なら最大10000円キャッシュバック!

invast-tieup20161115

【リスク・費用などについての重要事項】
本取引は、取引通貨の価格および金利等の変動により損失が生ずるおそれがあります。また、スワップポイントが受取りから支払いに転じることもあります。当社は、有効比率が一定水準以下となった場合、全建玉を自動的に強制決済(ロスカット)いたしますが、本取引は、預託すべき証拠金額以上の取引が可能なため、急激な相場の変動等によっては、証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがあります。
●取引手数料は、次の通りです。 オートパイロット注文:上限として1,000通貨単位あたり20円(0.2/米ドル/スイスフラン/NZドル/ポンド/豪ドル)です。オートパイロット注文での建玉を手動で決済した場合も同様に手数料が発生します。受渡決済に係る手数料は、1,000通貨単位あたり1,000円(ただし、10,000通貨未満の場合は1件あたり10,000円)です。●本取引は、通貨ペアの売付けの価格と買付けの価格に差(スプレッド)があり、相場急変時等はスプレッドが拡大する場合があります。●証拠金は、1万通貨あたり想定元本の円換算額の4%以上(法人は1%以上)で、証拠金の最大25倍(法人は100倍)までお取引が可能です。●本取引は、元本および収益が保証された取引ではありません。お取引にあたっては、お客様ご自身の責任と判断でお取引していただきますようお願いいたします。
【トライオートFXに関する重要事項】
・オートパイロット注文を手動で決済する場合の注文は成行注文のみ可能です。・相場状況やシステム回線等の状況により、注文がエラーとなり発注および約定しない可能性があります。注文がエラーとなった場合、再発注されません。オートパイロット注文にて建玉を保有している場合は、お客様自身で成行決済を行っていただく必要がございます。・建玉数量の一部を決済することはできません。・複数の注文を行う場合、利益が大きくなる可能性がある反面、損失が拡大する可能性がございます。・取引画面に表示されている損益およびステータスの連勝・連敗、APカードの損益にはスワップポイントは加味されておりません。・本サービスは、相場状況等によっては設定した価格と発注価格が大きく乖離する可能性があります。・オートパイロット注文で発注された注文の変更・取消には、売買方針等によって制限がございます。オートパイロット注文の仕組みや操作方法については、必ず当社ホームページおよびトライオートFX操作マニュアルをご覧ください。
本取引は、元本および収益が保証された取引ではありません。 お取引にあたっては、本取引の仕組み、内容およびリスクを十分にご理解いただいたうえで、お客様ご自身の責任と判断でお取引していただきますようお願いいたします。
トライオートFXの詳しいリスク・重要事項はこちらをご覧ください。
【商号/登録番号】インヴァスト証券株式会社〒105-0003 東京都港区西新橋1-6-21
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第26号
【加入協会】一般社団法人金融先物取引業協会 一般社団法人日本投資顧問業協会 
日本証券業協会
  • 2016年に100万円以上の実績も FXは自動で取引してくれる「フルオート」が最適か
  • 話題のロボアドバイザー 投資未経験者や初心者になぜオススメか?
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ
    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2016 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。