マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】中国の資源銘柄が大荒れ!どうなってるの? サンワード貿易の松永氏(三井智映子)

2016年11月16日 9:05



こんにちは、フィスコリサーチレポーター三井智映子の「気になるレポート」です。

11月15日、中国では資源銘柄が大荒れの展開となっています。
今回はこの点についてレポートしたいと思います。


松永さんによると、『前場で上海亜鉛が6%高(ストップ高)張り付きとなり、上海鉛が6%高(ストップ高)まであと0.1%に迫りました。しかし、後場に入ると、後場寄り直後に上海鉄筋と大連鉄鉱石が共に6%安(ストップ安)張り付きとなり、大連粘結炭や大連コークスも9%安付近まで急落しました。上海ゴムは、後場からマイナス転換となり、3時頃に一時3.3%安まで急落しました』とのこと。ものすごい乱高下だったようです。

また『本日前場で6%高付近まで上昇した上海亜鉛と上海鉛は、前場の高値が年初来高値となっております』『そして、本日大きく下落した上海鉄筋と大連鉄鉱石、大連粘結炭、大連コークスは、共に前日まで年初来高値の更新を続けていた銘柄であり、本日になって利益確定の売りが一気に加速したようです。特に大連粘結炭と大連コークスは、1か月前から連日のように年初来高値を更新し続けてきただけに、本日になって利食い売りが加速したようです』とのことです。

この大きな値動きを受けて松永さんは、『東京ゴムの夜間取引は、小幅高が予想されます。また、本日の大幅下落で利益確定の売りが加速したことは、中国の資源銘柄全体の「灰汁抜け」となったのかもしれません』と分析されています。

中国の大荒れの相場が今後どう波及してくるか、注目しておきたいところです。

上記の詳細コメントは、ブログ「松永総研~北浜の虎と呼ばれた男~」の11月15日付「天然ゴム市場パート4「大荒れとなった本日の資源銘柄」」にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。

フィスコリサーチレポーター 三井智映子


<FA>

fisco
  • 予測できない為替相場でも短期で稼げる? リターンエース・トレード
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。