マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】トヨタが中国R&Dセンター拡張、18年以降に完成予定

2016年11月18日 13:57

トヨタ自<7203>は18日、中国の研究開発(R&D)センターを拡張する計画を明らかにした。2010年に設立した「豊田汽車研発中心(中国)有限公司」(略称:TMEC)について、既存実験棟の増強、新実験棟の建設、電池評価試験棟の新設、テストコースの拡充を実施する。18年末以降の完成を予定している。
“中国のためのクルマづくり”に向け、TMECは開発体制の現地化と強化を目的に設立された。以来、中国産ハイブリッドユニット搭載車の中国市場への普及を目指し、取り組みを進めている。また、2012年には主要ハイブリッドユニットの現地生産会社として「トヨタ自動車(常熟)部品有限公司」(ハイブリッド用トランスアクスルの製造会社)、13年には「新中源豊田汽車能源系統有限公司」(ハイブリッド用電池製造会社)を設立。15年10月、中国産ハイブリッドユニット搭載の「カローラハイブリッド」「レビンハイブリッド」の販売を開始した。
トヨタはかねて、ハイブリッド車、プラグインハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車と、それぞれの特徴を生かしながら、全方位でエコカーの開発を進め、普及に努めている。中国でも政府の「省エネ・新エネ車発展企画」の下、“環境に優しいクルマ”を導入していく計画だ。現在取り組みを進めるハイブリッド車の普及に加え、「カローラ」「レビン」のプラグインハイブリッド車の導入を予定している。
また、燃料電池車の中国での実証実験開始に向けた準備を推進するほか、中国市場への電気自動車導入についても検討していく。中国で競争激化、法規制の厳格化が進む中、現地開発拠点のTMECを拡張し、技術開発機能を強化することで、中国での“もっといいクルマ”づくりをさらに推進していく。
中国の新車販売マーケットでは、日本勢の好調が足元で続いている。小型車減税の押し上げ効果が追い風だ。今年9月の販売実績は、日産自<7201>が前年同期比26.3%増の12万3600台、ホンダ<7267>が46.5%増の12万929台、トヨタが12.4%増の10万4200台と、3社いずれも2ケタ成長を達成。マツダ<7261>は新型2モデルを発売する中で、同月中国販売は48.7%増の2万9043台と、3万台に迫った。

【亜州IR】

<ZN>

fisco
  • 予測できない為替相場でも短期で稼げる? リターンエース・トレード
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。