マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】ボルテージ Research Memo(8):17/6期1Qは“既存展開”減少により減収も、経費削減により赤字縮小

2016年11月18日 16:11

■業績動向

(1) 2017年6月期1Q結果

ボルテージ<3639>の2017年6月期第1四半期決算は、売上高2,469百万円(前年同期比11.2%減)、営業損失51百万円(前年同期は営業損失75百万円)、経常損失62百万円(前年同期は経常損失83百万円)、親会社株主に帰属する四半期純損失57百万円(前年同期は純損失75百万円)で着地した。

売上高が前年同期比で減収となったのは、収益源である“既存展開”の売上高が前年同期比25.5%減の1,752百万円にとどまったことが響いている。“新展開”と“新規モデル”の売上高はそれぞれ前年同期比増収となったものの、“既存展開”の減収分を埋め合わせるには至らなかった。

一方利益面では、今期からスタートした『3年戦略』のもと、費用のミニマム化に努めたことが奏功して営業損失を始め、各利益項目の損失は前年同期から縮小した。費用の科目別では広告宣伝費が前年同期比54.0%減となり、費用全体の削減に大きく貢献した。

“既存展開”が減収となった背景には、“F2P”では2016年6月期第4四半期に中断された横断施策に代わる新横断施策を今第1四半期に投入したものの、想定したラインまで持ち直し切れなかったことが挙げられる。また、“P2P”でも更新を停止したタイトルの売上高の減少が、同社の想定以上に急激かつ大きかったことも減収要因となった。一方営業利益については、テレビCMの抑制等により前年同期比で増加する結果となった。

新展開では『ダウト〜嘘つきオトコは誰?〜』(以下、『ダウト』)が好調をキープしており、“L10N”の一部タイトルの不振を吸収して前年同期比で増収を確保した。営業損益では、『ダウト』のテレビCM出稿等により経費が増加したため、営業損失は前年同期並みとなった。

新規モデルは“サスペンス”の増収と、2016年6月期第4四半期にローンチした“パズルアクションゲーム”『LOVE☆スクランブル』の積み上げにより、前年同期比で大幅な増収となった。利益面では、『LOVE☆スクランブル』開始に伴う費用増等により、営業損失は前年同期並みとなった。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)

<HN>

fisco
  • 予測できない為替相場でも短期で稼げる? リターンエース・トレード
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。