FiscoNews

【注目トピックス 日本株】【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家元・社長:中国人富裕層に医療ツーリズムが人気の理由とは?

2016年11月19日 18:43


以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家元・社長氏(ブログ「元投資顧問会社社長のチラシの裏」)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

----

※2016年11月17日14時に執筆


先日、「新たなインバウンド需要を開拓!再生医療関連銘柄を深掘り特集」というタイトルで、再生医療関連銘柄の考察記事を書きました。
※まだ読まれていらっしゃらない方が居ましたら、「投資顧問会社社長 ブログ」で検索してもらえれば、当ブログ「元投資顧問会社社長のチラシの裏」が出てくると思いますので、ご一読頂けますと幸いです。

本日は、この医療ツーリズムに関してもうすこし踏み込んで解説していこうと思います。


■中国の医療機関の現状

医療ツーリズムで来日した中国人が日本の医療機関でのサービスに対して、非常に感動を受けると取り上げられる事があります。

中国では、病院での診察、治療が満足に受けられません。理由として、賄賂の横行(逆に賄賂を送れば優先的に診療可能)や診察を受けるための権利にダフ屋が存在するなど、日本では考えられない医療機関の腐敗と惨状が挙げられます。

私達(日本人)は、待ち時間の長さや様々な科間のたらい回しなど、日本の医療機関への不満を持っている方も多いかと思いますが、中国人が置かれている状況を考えると非常に恵まれていると言えますね。


■なぜ医療ツーリズムが中国人に人気なのか?

中国人に医療ツーリズムが人気となっている理由は、ずばり中国国内で受けることの出来ない治療を受けることができる、という事。

中国国内で流通している医薬品や医療機器自体が非常に少なく、ガンや心臓疾患などのより高度な医療機器・医薬品を必要とする治療が、中々受けられない状況にあります。

加えて、実際の医療技術(医師のスキル)に関しても、現時点では世界と大きな開きがあると言われています。

こうした状況の中、中国人富裕層が医療という面で国外に活路を見出そうとしており、それが医療ツーリズムの盛り上がりの一翼を担っています。


■特に人気が高いのが、健康診断や人間ドック

医療ツーリズムを利用、検討している中国人の中でも特に人気が高いのが、健康診断や人間ドック。

昨今、ガン患者が急造する中国では、早期発見と早期治療を目的として医療ツーリズムを利用する中国人富裕層が急増しています。


がん発症、中国が突出 肺がんは世界の36% 12年WHO調査 肝臓・食道は5割
世界保健機関(WHO)がまとめた最新の「世界がん報告」によると、全体の死者数が最多の肺がんでは、2012年の新規患者の36%が中国人。肝臓がん、食道がんでは5割だった。世界人口に占める中国の比率(19%)を大きく上回る。
出展:日本経済新聞


日本は、高度な医療環境と専門的な医療技術に加え、欧米と比較した際の地の利があります。今後はこうしたメリットを活かし、セカンドオピニオンや定期検診からの治療、そして前回記事でも詳しく解説した再生医療など、医療ツーリズムの拡大が見込まれること間違いなしでしょう。



当ブログでは、個人的に注目しているテーマ関連株の深掘り、個別銘柄の考察、世界経済の今後の流れ、投資全般に役立つ情報を定期的に発信しています。チャート画像付きでの解説などもありますので、ブログも併せてお読み頂けますと幸いです。

「投資顧問会社社長 ブログ」で検索してもらえれば、当ブログ「元投資顧問会社社長のチラシの裏」が出てくると思います。


----

執筆者名:元・社長
ブログ名:元投資顧問会社社長のチラシの裏

<KS>

fisco

fx-induction-th

もう焦らない! 大荒れの米大統領選で実績を残したFX
大荒れとなった米国の大統領選。ヒラリー氏が若干の優勢と報道されていたにも関わらず、開票当日になるとトランプ氏が優勢となり、日経平均や為替相場は大混乱。しかし大統領選当日、あるFXサービスの利用者の90%が利益を上げていた!という情報を入手した。誰もが予想できなかった事態をもろともせず、利益を出したその方法とはいったい……<続きを読む>

eth-induction-th

トルコリラが金利8%に。魅惑のFXスワップ投資とは
トルコが2年半ぶりに利上げ。FXスワップ投資を始めるなら今が好機か?スワップ投資のメリットと注意点、スワップ投資に最適なFX会社について、マネーポストWEB編集部が検証する。<続きを読む>
  • 2016年に100万円以上の実績も FXは自動で取引してくれる「フルオート」が最適か
  • 話題のロボアドバイザー 投資未経験者や初心者になぜオススメか?
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ
    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2016 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。