FiscoNews

【注目トピックス 日本株】アクセル Research Memo(2):遊技機器搭載の液晶ディスプレイ向けグラフィックスLSIで市場シェア50%以上

2016年11月22日 16:16

■事業概要

アクセル<6730>は遊技機器(パチンコ、パチスロ)に搭載される液晶ディスプレイの画像を創り出すグラフィックスLSIで市場シェア50%以上を握るトップメーカー。製造は外部に委託するファブレス企業で、研究開発・販売戦略に特化している。全体の売上高に占める遊技機器向けグラフィックスLSIの比率は、期によって変動するものの7〜8割で推移。また、利益に関しては、大半を同LSIで稼ぎ出す格好となっている。

その他の製品では、遊技機器向けのメモリモジュール、LEDドライバ、建設機械や医療機器などの組み込み機器向けグラフィックスLSIの開発・販売のほか、顧客である遊技機器メーカーの囲い込みを目的とした開発支援用ソフトウェアや評価用基板の供給を行っている。また、ソフトウェアIPビジネスとして、遊技機器向けで蓄積してきた多彩な映像表現技術のノウハウをWebブラウザ上の動画作成に生かしたソフトウェアムービーコーデック「H2MD」を2015年3月期よりリリースしている。

(1)遊技機器向けグラフィックスLSIは3~5年で世代交代

収益の柱である遊技機器向けグラフィックスLSIをパチンコ向けとパチスロ向けで分けると、約65%がパチンコ、約35%がパチスロという構成(2016年3月期実績)になっている。市場シェアで見ると、パチンコで約60%、パチスロで約40%の水準となり、いずれもトップシェアである。製品は3~5年で機能の向上を図りながら世代交代を続けており、現在は2014年に量産を開始した「AG5」が主力製品となっている。

同社の遊技機器向けグラフィックスLSIの特徴は、比較的廉価なCPUとの組み合わせでも高精細な描画表示を実現する能力を有していることにある。また、画像ロムに格納された圧縮画像データを瞬時に伸長して高速表示するほか、多彩な演出を可能とする数多くのエフェクト機能も搭載している。遊技機器向けグラフィックスLSIについては、このような特定用途に特化した技術が必要となるほか、設計プロセスの微細化、回路規模の大型化により研究開発費が増大していることもあり、参入障壁は高くなっている。大手パチンコメーカーの(株)三洋物産(SANYO)はグラフィックスLSIを主に自社開発(生産は外部委託)しているため、それを除けば同社の市場シェアは非常に高い状況となっている。なお、競合企業としては米NVIDIAやヤマハ<7951>などがあり、いずれも10%台のシェアと推定される。

(2)リユース市場が変動要因に

なお、遊技機器向けグラフィックスLSI市場では、リユース(再使用)品の市場が2010年以降確立されてきたことには注意する必要がある。これは遊技機器に搭載される部材の品質が複数回の繰り返し利用でも問題ないレベルであることに加えて、遊技機器メーカーがコスト削減のためにリユース品を使う動きが広まったことが背景にある。遊技機器メーカーはリサイクル業者を介して、または直接パチンコホールなどから部材を回収して再利用する流れとなる。現状ではグラフィックスLSIの年間需要のうち、3割前後がリユース品になっていると推定される。

(3)仕入先及び販売先

同社はファブレスメーカーのため、半導体の製造に関してはすべて外部に委託している。現在はルネサス エレクトロニクス<6723>をはじめとした国内半導体メーカーをメインに製造委託し、半導体商社を通じて仕入れる格好となっている。ただ、2019年3月期より本格量産を予定している次世代品「AG6」については、先端微細回路技術が必要なことやコスト面などを総合的に判断して、海外のファウンドリーメーカーに委託するようだ。このため、「AG6」の開発費及び仕入れについては為替の影響を受けることになる。今後は為替の影響にも留意する必要がある。

一方、販売先はエレクトロニクス専門商社である緑屋電気(株)が全体の70%以上を占めており、遊技機器向け製品に関する販売をほぼ一手に引き受ける格好となっている。同社が遊技機器向け製品の販売先を緑屋電気に集中しているのは、技術系商社として高いサポート力を有していることと、遊技機器市場に向けたサービスの均一化を図るためとしている。

(4)研究開発費率は10%以上を継続

研究開発型のファブレスメーカーであるため、売上高に占める研究開発費率は高く、ここ数年は10%以上で推移している。特に、2016年3月期の研究開発費は前期比858百万円増加の2,807百万円と大きく増加し、研究開発費率も30%を超える水準となった。これはグラフィックスLSIの次世代品となる「AG6」の開発が本格的にスタートしたことや、演出周辺LSIなどその他LSIの開発費も増加したことが要因だ。特に、「AG6」については最先端の微細化プロセスを使用することもあり、開発費が従来と比較して大きくなっている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

<HN>

fisco

fx-induction-th

もう焦らない! 大荒れの米大統領選で実績を残したFX
大荒れとなった米国の大統領選。ヒラリー氏が若干の優勢と報道されていたにも関わらず、開票当日になるとトランプ氏が優勢となり、日経平均や為替相場は大混乱。しかし大統領選当日、あるFXサービスの利用者の90%が利益を上げていた!という情報を入手した。誰もが予想できなかった事態をもろともせず、利益を出したその方法とはいったい……<続きを読む>

eth-induction-th

トルコリラが金利8%に。魅惑のFXスワップ投資とは
トルコが2年半ぶりに利上げ。FXスワップ投資を始めるなら今が好機か?スワップ投資のメリットと注意点、スワップ投資に最適なFX会社について、マネーポストWEB編集部が検証する。<続きを読む>
  • 2016年に100万円以上の実績も FXは自動で取引してくれる「フルオート」が最適か
  • 話題のロボアドバイザー 投資未経験者や初心者になぜオススメか?
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ
    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2016 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。