マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】違法操業の中国漁船、韓国で競売措置

2016年11月25日 14:00

違法操業で拿捕された中国漁船がこのほど韓国で競売された。全羅南道(チョルラナムド)の解体業者が670万ウォン(約65万円)で落札。鉄くず業者に転売される予定という。群山(クンサン)海洋警備安全署の発表内容として、中国政府系メディアが25日付で伝えた。
船舶は昨年12月に韓国EEZ(排他的経済水域)で拿捕された「魯威高漁60300号」。漁業資源の維持、自国主権の確保を理由に、全州(チョンジュ)地裁群山支院が没収判決を下した。9月の控訴審を経て、すでに最終判決が確定している。
韓国政府は今年9月、「外国人が韓国EEZで漁業活動を展開した際の主権行使に関する法律」を修正。違法操業を発見した場合、最大で3億ウォン(約2930万円)の罰金を科すと明記した。多くの船主は支払いを拒む見込み。漁船の所有権を放棄する例が今後も相次ぐとみられている。
仁川(インチョン)海洋警備安全署は今年に入り、106隻の船舶を拿捕。うち罰金を支払ったのは78隻(73.6%)にとどまっている。
一方、韓国海洋警備安全本部の報告によれば、韓国西岸海域で違法操業する中国漁船は今年に急減した。1~9月にかけて侵入した漁船は3万1781隻。1日当たり前年同期比23.3%減の116隻にとどまった。カニ漁が最盛期を迎えた9月は、侵入数が合計3540隻。数は多いものの、前年同期比で47.2%減少した。

【亜州IR】

<ZN>

fisco
  • トランプ相場は終了か 今のドル/円相場で短期的に利益を狙う方法
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。