FiscoNews

【注目トピックス 日本株】三井智映子と始める株主優待入門(6):優待銘柄選びで注意すべき4つのポイント

2016年11月25日 13:07


こんにちは、フィスコリサーチレポーター三井智映子です。
今回は優待銘柄選びで、私が「チェックしてほしい」と考える4つのポイントについてお伝えしたいと思います。

■1.どのくらい投資できるのか

まずはあなたがどのくらいの投資額を使えるのか、ということをチェックしてください。
というのも、優待投資は基本的に長期投資です。毎年決まった時期に優待を受け取る、という投資スタンスが基本だと思いますし、企業も長期ホルダーを狙って優待を出しているということもあって、最近では一定期間以上保有し続けると優待がアップグレードされる銘柄も出てきています。

もちろん、「1度だけでいいからこの優待をゲットしたい」ということで、「つなぎ売り」などの手法で投資する方法もありますが、それは中上級者向けの優待投資ですし、上記の趣旨とは少し変わってきます(つなぎ売りについてはそのうち詳しくお伝えしますね)。

長期間保有することが前提ですから、その投資に、すぐに必要になる可能性のあるお金を使ってしまうことはおススメできません。株価が下がってしまっている時や、もう少し保有できたら優待がもらえたのに!というタイミングなど、自分の思い通りではないタイミングで止むを得ず現金化しなくてはならなくなったということがないように、注意が必要です。

また分散投資という意味でも、自分が使える投資可能額を把握しておくべきでしょう。
例えば30万円の投資可能額があった場合、30万円の優待銘柄を1つ買うよりも、10万円の銘柄を3つ買う方が分散投資となり、リスクは軽減すると考えられます。投資できる金額の全体を把握せずに、なんとなく買うと分散投資もしにくいですよね。

■2.優待、配当利回り

私は利回りを重視しています。利回りとは、投資額に対してどのくらいリターンがあるかということ。これが高ければ高いほど利回りが高い、つまりお得ということですね。

以前にもお話したとおり、私は配当と優待を合わせた利回りを重視しており、その水準として5%を目処にしています。5%以上あると長期投資としてもなかなかの高利回りと考えます。優待で得られるリターンだけでなく、株主への配当金の額も含めて、トータルのリターンを考慮して選んでいきたいですね。

ただ業績が安定している大型銘柄で、利回りはそこそこでも安心感重視!という選び方もあると思います。

利回りの計算式は簡単です。
優待配当利回り(%) = 株主優待と配当の価値 ÷ 投資金額 ×100
証券会社の優待サイト、もしくはウェブサイトを検索すれば優待や配当の価値を調べることができます。

■3.役に立つ優待かどうか

株主優待は自社の製品やサービス、割引券、優待券、食品などを提供する、という制度です。先ほど利回りに触れましたが、いくら利回りが高くても、好みに合わなくて使わない優待や、近くにお店がないなど、使いにくい優待では意味がありません。

株主優待によって生活が彩られたり、家族で楽しめたり…、満足度の高い優待を選ぶことが肝心です。そういう銘柄でしたら、株式を長く保有することで、その銘柄を応援できると思います。

■4.決算はチェックすべし

気になる銘柄が見つかったら、ぜひその企業情報をチェックしてみてください。製品やグループ企業、従業員数、企業戦略などをはじめ、投資家情報として決算短信やアニュアルレポートといったものも見ておきたいところです。

自分が投資している、あるいはしようとしている企業が、どのような会社で、どのような業績を上げているのかを知ることは、たとえ優待目当てとはいえ、投資をする上での基本的なポイントだと言えます。

ちなみに企業分析をするアナリストが必ずチェックするポイントとしては、「何をやっている会社で強みは何か?」「その強みを活かして最新の業績数値はどうなっているか?」「今期予想はどうなのか?」「中期的な成長シナリオと株主還元への考え方は?」などが挙げられます。

ただ、そこまで調べるのはハードルが高いという方は、最低限その企業の決算(業績)だけはチェックしてくださいね。あまり決算が悪いと、配当や優待がなくなってしまうこともありますので。

■情報収集にはネット証券のウェブサイトが便利

投資先となる銘柄の情報収集は、各企業のホームページで行うことができます。でも、気になる企業のページをひとつひとつ探して見ていくというのは、ちょっと面倒ではありますよね。

そこでおすすめなのが、証券会社のウェブサイトを活用することです。
多くのネット証券会社のウェブサイトには上場企業の情報がかなり詳しく掲載されていて、わざわざ各企業のサイトを見にいかなくても情報のチェックが可能です。

またネット証券会社では自社サイトに銘柄検索(スクリーニングとも言います)機能を用意しています。そこで「株主優待検索」を選び、検索項目を指定すれば、条件に合った銘柄が表示されてきますので、とても便利ですし、見ているだけでも楽しめますよ。

こうした企業情報や検索機能は、ネット証券各社とも力を入れていて充実していますが、こと株主優待に関する検索では、配当利回りなどのこだわり条件を加味して優待銘柄を簡単に絞り込むことができる点で、SBI証券のサイトがかなり優れていると思います。

上手に活用して「株主優待ライフ」を楽しんでくださいね!

三井智映子と始める「株主優待入門」は、三井智映子の見解でコメントしています。

フィスコリサーチレポーター 三井智映子


<FA>

fisco

fx-induction-th

もう焦らない! 大荒れの米大統領選で実績を残したFX
大荒れとなった米国の大統領選。ヒラリー氏が若干の優勢と報道されていたにも関わらず、開票当日になるとトランプ氏が優勢となり、日経平均や為替相場は大混乱。しかし大統領選当日、あるFXサービスの利用者の90%が利益を上げていた!という情報を入手した。誰もが予想できなかった事態をもろともせず、利益を出したその方法とはいったい……<続きを読む>

eth-induction-th

トルコリラが金利8%に。魅惑のFXスワップ投資とは
トルコが2年半ぶりに利上げ。FXスワップ投資を始めるなら今が好機か?スワップ投資のメリットと注意点、スワップ投資に最適なFX会社について、マネーポストWEB編集部が検証する。<続きを読む>
  • 2016年に100万円以上の実績も FXは自動で取引してくれる「フルオート」が最適か
  • 話題のロボアドバイザー 投資未経験者や初心者になぜオススメか?
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ
    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2016 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。