マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トルコリラ利上げ!FXスワップ投資に注目

ほったらかしでOK?FXスワップ投資とは

 2016年11/24(木)、トルコ中央銀行は政策金利を8%に引き上げることを決定した。これにより、日本との金利差はさらに拡大。FXでトルコリラを保有した場合のスワップポイントも増加することになった。

 FXで利益をあげる方法は、安く買って高く売る(高く売って安く買い戻す)、為替差益をねらう方法と、高金利通貨を保有し、スワップポイントをためる方法の2種類がある。後者のスワップ投資は、低金利の日本の投資家に根強い人気があるが、今回のトルコ利上げで、ますます注目が集まりそうだ。

swap4

 スワップ投資のメリットは、投資経験が少ない人でも簡単にはじめられる点だ。高金利通貨を買ったら、あとは保有し続けるだけなので、テクニカルや相場予測の勉強も必要ない。投資初心者、仕事やプライベートに忙しい人に向いているといえる。

 高金利通貨で利益を上げる方法としては外貨預金という手もあるが、取引コストを比較すると、圧倒的にFXが有利だ。その他、24時間いつでもPC/モバイルで売買できる点、業者破たん時も信託法で顧客の資産が守られる点など、多くの点でFXが優れている。

swap8スワップ投資のイメージ

 スワップ投資を実施するうえで、気を付けなければならないのが「レバレッジ」だ。レバレッジをかければ、スワップポイントは高くなるが、相場が大きく変動すれば、あっという間にロスカットとなり、大きな為替差損が発生する可能性がある。FXの最大レバレッジは25倍だが、トルコリラや南アフリカランドなどの高金利通貨でスワップ投資を行う場合、レバレッジは5倍以下、場合によっては2~3倍程度が良いかもしれない。

会社選びがスワップ投資成功の第一歩

 もうひとつ、注意したいのがFX会社の選び方だ。取り扱う通貨の種類とスワップポイントの金額は会社によって大きく異なるので、自分の取引したい通貨を扱っているか、スワップポイントは高いか、事前にチェックする必要がある。

 また、「スワップポイントのみを口座から引き出すことが可能か」という点もチェックしておきたい。会社によっては、ポジションを決済しなければスワップポイントが口座に反映されない・口座から引き落とせない場合があるためだ。「スワップポイントだけ出金してお小遣い代わりにしたい」といった使い方を考えている人は要注意だ。

 では、スワップ投資に最も適したFX会社はどこか。人によって好みは分かれるが、セントラル短資FXの「FXダイレクトプラス」が多くの投資家から支持を集めている。その理由は、①トルコリラと南アフリカランドという2大高金利通貨を扱っている②ポジションを決済せず、スワップポイントのみ出金可能③業界最高水準のスワップポイント、という3点だ。

swap6

 セントラル短資FXには3タイプの取引口座があるが、スワップ投資を行うなら「FXダイレクト」が最適だ。スワップポイントは日割り計算で口座に反映され、スワップポイントのみを引き出したり、新たな建玉を建てるための必要証拠金として利用することができる。
スワップポイントの額は、トルコリラ/円が1日73円、南アフリカランド/円が1日13円となっている(1万通貨保有した場合/2016年11月28日現在)。その他、セントラル短資FXでは26通貨ペアを取り扱っているので、ぜひHPで確認してほしい。

swap7

 セントラル短資FXの口座開設方法はきわめてシンプル。申込み→免許書等本人確認資料を送付すれば、審査後に口座開設となる。最短5分、スマホのみでも口座開設可能だ。現在、本サイト経由でFXダイレクトプラスの口座を開設すれば、最大2万5000円がもらえるキャッシュバックキャンペーンを実施中。下記バナーから、ぜひスワップ投資の扉を開いてみてほしい。

 ※キャッシュバックキャンペーン詳細は下記バナーをご参照ください。

セントラル短資FXタイアップ FXダイレクト+
水上紀行ニュースフラッシュ

2017年新春号(2016年12月1日発売号)

大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。