マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】システムインテ Research Memo(1):18/2期に売上高4,000百万円、経常利益600百万円を目指す

2016年11月28日 16:01

システムインテグレータ<3826>は独立系のソフトウェア開発会社で、ソフトウェア開発支援ツールで高シェア・高収益を誇る。また、中堅企業向けを対象としたWeb-ERPパッケージ「GRANDIT」が成長しているほか、ECサイト構築パッケージやオムニチャネル対応の統合管理分析クラウドサービス「SI Omni Channel Services(以下、SOCS)」にも注力している。

10月7日付で発表された2017年2月期第2四半期累計(2016年3月-8月)の業績は、売上高が前年同期比15.1%減の1,572百万円、経常利益が同77.9%減の68百万円となった。第2四半期にERP事業で不採算プロジェクトが発生し、受注損失引当金194百万円を計上したことが減益要因となった。ただ、「SI Object Browser PM(以下、OBPM)」(プロジェクト管理パッケージ)が好調に推移しているほか、EC・オムニチャネル事業についても新機能を拡充した新バージョンをリリースし、下期以降の受注増加が期待されるなど、その他の事業はおおむね順調に推移した。

2017年2月期の業績は不採算プロジェクトの影響により期初計画から下方修正し、売上高が前期比6.8%減の3,300百万円、営業利益が同43.7%減の250百万円を見込んでいる。同プロジェクトの完成は来期にずれ込む見通しだが、見込まれる費用は引当金計上しており、下期業績へのマイナスの影響はないものと考えられる。このため、第3四半期以降は業績も再び、回復に転じるものと予想される。

中期経営計画最終年度となる2018年2月期は売上高で4,000百万円、経常利益で600百万円を目指す方針に変わりない。「OBPM」について機能を絞ったライト版を計画しており、年明け以降にIT業種以外の顧客開拓を進めていくほか、中国市場での展開も期待される。また、オムニチャネルに対応する統合管理分析クラウドサービス「SOCS」や、アプリケーション設計支援ツール「SI Object Browser Designer(以下、OBDZ)」などの新製品についてもセミナー開催による認知度向上を図り、導入件数の拡大を見込んでいる。旺盛な需要が続いているERP事業では人的リソースの拡充により、受注を拡大していく方針だ。

株主還元としては、基準配当性向を30%に設定し、収益と連動した配当を実施している。2017年2月期は業績悪化により前期比14円減配の8.0円(配当性向30.3%)を予定しているが、今後業績が拡大していけば増配が見込めることになる。また、株主優待として6ヶ月超同社株式を保有している株主を対象に、「新潟産コシヒカリ」の贈呈を行っている。

■Check Point
・17/2期2Qは不採算プロジェクトの影響で減収減益
・不採算プロジェクトの影響を除けばほぼ期初予想通りの進捗
・ストック売上比率を高め、安定性の高い収益構造への変革を図る

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

<HN>

fisco
  • 働く世代にうってつけのFX? 取引はすべてお任せの「フルオート」を解説
  • 米ドル金利上昇でブーム再来か 金利収入が毎日入る「FXスワップ投資」を解説
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。