マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】中国:北京スモッグに「スーパー耐性菌」、当局は有害性否定

2016年12月1日 12:32

中国の北京市をしばしば覆うスモッグに、抗生物質が効かない「スーパー耐性菌」が含まれており、感染すれば有効な治療薬がないとする内容のリポートが発表され、注目を集めている。スウェーデン・ヨーテボリ大研究センターのヨアキム・ラーション主任の研究チームがまとめ、国際科学誌「マイクロバイオーム」に発表したものだ。
香港メディアによると、研究チームは耐性菌と関連のある遺伝子を捜すため、ヒト、動物、環境からDNAのサンプル864件を集めて分析。その結果、抗生物質に耐性を持つ遺伝子の種類は、北京市の大気中の微生物が最も多かったという。市中心部で採取した大気のサンプル14件中、抗生物質に耐性を持つ遺伝子の種類は平均64.4種類で水や泥を上回った。
これを受けて北京市衛生計画生育委員会は、「細菌の耐薬品性と病原性は別の概念。耐薬品性が上昇すれば、病原性が高まる訳ではない」と指摘。ヒトは免疫力を備えているので、慌てる必要はないとしている。

【亜州IR】

<ZN>

fisco

株/暮らしのマネー注目記事

【株主優待】2017年“美味しい”優待銘柄を3つ厳選

「FX運用ガイド」の注目記事

円安は好機? FX初心者のライターE氏がシストレで9月は20万円の儲け
2017年後半は円安になるか 波乱相場ならシストレが有効
取引全自動のFXシストレ 5万円元手に1か月で8万円稼いだ実力
  • 不況を断ち切るマーケティング思考とは?
  • 約1年で140万円の儲け 暴れ馬ポンドで稼いだFXシストレ
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。