マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】サンワテクノス Research Memo(3):「エンジニアリング事業」と「グローバルSCMソリューション事業」に注目

2016年12月2日 12:42

■中期経営計画『Challenge 1500』の進捗状況

(1)『Challenge 1500』の概要

サンワテクノス<8137>は現在、2017年3月期から2019年3月期までの3ヶ年中期経営計画『Challenge 1500』に取り組んでいる。『Challenge 1500』は2016年3月期で終了した前中期経営計画『JUMP 1200』を継承・発展させた内容となっており、両者を連続した“6ヶ年中期経営計画”とみなすことも可能な内容となっている。同社が目指す、あるべき姿に向けて、『JUMP 1200』で組織・体制を固め、『Challenge 1500』ではそうした組織・体制を活用して目標を実現するという構造だ。

同社が今中期経営計画において目指すものは4つの“基本方針”として掲げられている。その実現のための事業戦略としては、『システム、装置、部品・コンポーネント販売事業』、『エンジニアリング事業』、及び『グローバルSCMソリューション事業』の3つが掲げられている。このうち、今中期経営計画において特に注目されるのが『エンジニアリング事業』と『グローバルSCMソリューション事業』の2事業だ。それぞれの進捗状況については以下に詳述する。『システム、装置、部品・コンポーネント販売事業』の強化は、現状の3事業部門の販売強化と重なるものであり、視点としては『エンジニアリング事業』とほぼ同じであるというのが弊社の理解だ。

同社は『Challenge 1500』の経営目標として、最終年度の2019年3月期において、売上高137,000百万円、営業利益4,300百万円、経常利益4,500百万円を掲げている。足元の2017年3月期の業績予想値はこの経営目標の計画値からかい離しているが、それは為替レートの前提値の違いによるものだ。この経営目標は策定時の為替レートである117円/ドルを前提としている。2017年3月期はもとより、2017年3月期以降についても為替レートなど外部環境の変化に応じて柔軟に見直される可能性がある点は注意が必要だ。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)

<HK>

fisco

株/暮らしのマネー注目記事

桐谷広人さんが伝授する株主優待の上手な選び方
【株主優待】2017年“美味しい”優待銘柄を3つ厳選

「FX運用ガイド」の注目記事

半年の最大損失が約6万円なのに、取引全自動で稼ぎは50万円以上のFX
2017年後半は円安になるか 波乱相場ならシストレが有効
取引全自動のFXシストレ 5万円元手に1か月で8万円稼いだ実力
  • 不況を断ち切るマーケティング思考とは?
  • 約1年で140万円の儲け 暴れ馬ポンドで稼いだFXシストレ
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。