マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】サンワテクノス Research Memo(1):中期経営計画は順調、2017年3月期業績は上振れも

2016年12月2日 12:41

サンワテクノス<8137>は独立系技術商社。電機・電子・機械の3分野にまたがって事業を展開している点が特徴的だ。また、同社は顧客企業(メーカー)の生産ライン構築のための機器の納入や部材の販売と、その生産ラインで製造された製品を引き取って他社に販売する「双方向取引」にも特徴があり、これら2つの特徴を生かして業容を拡大してきた。

同社が取り組み中の現行中期経営計画『Challenge 1500』では、エンジニアリング事業とグローバルSCMソリューション事業の強化・拡大が重要なポイントだ。最初の半年間を経過したところでは、両事業ともに順調に進捗していることが確認できた。エンジニアリング事業では、外部との事業提携も活用し、設計・製造・設置・保守まで一貫体制でソリューションを提供する体制が整った。2017年3月期第2四半期では有機ELラインなどで着実に実績を積み上げている。グローバルSCMソリューション事業も重要顧客を中心に着実に浸透し、取扱高は順調に増加している。

2017年3月期第2四半期(累計)決算は、事前予想に対して利益が上振れて着地した。同社は第1四半期決算時に業績見通しを下方修正したが、蓋を開ければ当初予想の利益水準に落ち着いた形だ。この背景には第1四半期と第2四半期とで、事業環境が大きく様変わりしたことがある。第2四半期に入ると中国のスマートフォン関連や中国・韓国の半導体関連の需要が急速に回復し、同社の業績拡大につながった。

2017年3月期通期について、同社は第1四半期時点に修正した予想を維持している。しかしながら、第2四半期決算の上振れに加えて、下期も事業環境は堅調に推移すると考えられることや、同社の下期の為替前提が100円/ドルと厳しく設定されている点を考慮すると、修正予想を上回って期初予想の線にまで達する可能性は十分にあろう。変化の激しい現況では、第4四半期の動きに不透明感があることは否定できないが、そうした時にこそ今中期経営計画で注力するエンジニアリング事業が威力を発揮するものと期待している。

同社の新たな取り組みに「ニューライフ」プロジェクトがある。 これは、女性の活躍の場を拡大するとともに、女性ならではの視点と工夫で商材を販売し、業績拡大につなげようという取り組みだ。現状は「ニューライフ推進室」という女性主体の営業部隊で、AEDやLED照明などの販売を行っている。現状では、直接的な業績インパクトは限定的ではあるが、全社員の約40%を占める女性社員が輝ける企業文化への転換は、男性社員をも活性化させて、中長期的には業績の底上げにつながってくると期待される。

■Check Point
・2017年上期は減収減益ながら、下方修正した業績見通しを利益項目は上回る着地
・「エンジニアリング事業」と「グローバルSCMソリューション事業」に注目
・2017年3月期は増収減益予想も、中国の設備投資需要の回復や為替レート差で増益の可能性も

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)

<HK>

fisco
買うだけのラクな副業? 月数万円の高配当を狙う術
金利収入や配当金で、給料のプラスアルファがラクに貰えたら……、という人向けの投資がある。NYダウを“買い”、配当収益を得る方法だ。2017年に史上初めて2万ドル代に突入し、米国株式市場の好調さを象徴する「NYダウ」の投資術を紹介する。 <続きを読む>
1年で資金100⇒400万円の実績も! 自動FX「フルオート」
トランプ大統領の発言や行動で、為替相場が荒れることも、しばしば。取引に一苦労している人も多いだろうが、FX自動売買の「フルオート」に至っては「ほぼお任せ」だから関係ないのだという。最新のFX自動売買「フルオート」を解説する。 <続きを読む>
保有すれば年間30万円以上の金利収入も! FXスワップ術
コツコツ毎日金利収入を見込めるFXスワップ投資。2000年代前半に一世を風靡した投資法が、最近になって再注目されている。今から始める人はまず、この記事で投資方法を確認してみてはいかがだろう。 <続きを読む>
  • 働く世代にうってつけのFX? 取引はすべてお任せの「フルオート」を解説
  • 米ドル金利上昇でブーム再来か 金利収入が毎日入る「FXスワップ投資」を解説
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。