マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】注目銘柄ダイジェスト(前場):東芝、FVC、シャープなど

2017年1月4日 11:47



JFEHD<5411>:1862円(前日比+82円)
大幅反発。一般流通向け鋼材を1月契約分から値上げすると報じられている。上げ幅は1トン当たり1万円、11月まで計1万円値上げしたものの、原料価格の一段の上昇を受けて、追加値上げを実施するもよう。収益性の一段の向上が期待される状況にも。また、米通商代表に対中強硬派のライトハイザー氏を指名と伝わっていることも、鉄鋼セクターにはポジティブ材料視される。

シャープ<6753>:296円(前日比+26円)
急伸。鴻海と共同出資する液晶パネルの生産会社、堺ディスプレイプロダクトが、中国の広州市政府と共同で世界最大級のパネル工場新設を正式に発表している。新工場は「第10.5世代」となり、18年9月頃をメドに生産を開始するもよう。攻めの姿勢への転換を評価、鴻海主導での業容拡大に対する期待感があらためて高まる状況になってきている。

ルネサス<6723>:1055円(前日比+127円)
大幅続伸。完全自動運転のクルマを試作したと報じられている。今回の自動運転技術は、半導体を自前で揃え、欧米のソフトウェア会社と制御用ソフトを開発することで実現したもよう。自動運転に関わる幅広い半導体を1社で提案できる強みがあらためて認識されることにつながっているようだ。自動運転関連としての位置づけも強まる状況に。

アルプス<6770>:2776円(前日比-50円)
大幅反落。米アップルでは、iPhoneを1-3月期に前年同期比1割程度減産すると報じられている。「iPhone7」の販売伸び悩みが背景となっているもよう。大幅減産となった前年同期をさらに下回ることになり、同社などアップル関連の電子部品メーカーには、目先の業績懸念も強まる格好となっているようだ。村田製なども相対的に上値は重い展開。

東芝<6502>:289.3円(前日比+6.2円)
売り先行。2014.3期までの3年間で、400億円規模にのぼる決算の粉飾をした疑いがあるとする調査結果を、証券監視委員会がまとめたことがわかったと報じられている。原発事業の損失の規模など、先行き不透明感が強まっている状況下での悪材料に対して、敏感な反応が先行。ただ、売り一巡後はあらためて買い戻しの動きが優勢に。

FVC<8462>:1716円(前日比+67円)
続伸。米国におけるシェアオフィス事業を開始すると発表している。当初想定していたThrive Workplaceと共同での新設ではなく、米Galvanize, Inc.からコロラド州フォートコリンズ市内の1施設の運営を引き継ぐ。本事業開始に伴い、同社グループとして新たなブランドを立ち上げることとし、「FVC Mesh」として運営する。ベンチャー企業の情報ソースを拡充し、米国ベンチャー企業への投資機会を補強することができるとしている。

リタリコ<6187>:1493円(前日比+147円)
大幅に4日続伸。一部メディアの年始の特集記事で同社の長谷川社長が取り上げられており、注目度が高まっているようだ。この記事では、同社の運営する自閉症スペクトラム障害、学習障害などがある子供のための学習教室「LITALICOジュニア」が紹介されている。全国約70ヶ所にある教室には約8000人が通うが、定員はほぼいっぱいで5000人の子供が空きを待つという。

アクトコール<6064>:730円(前日比-31円)
急反落。16年11月期業績の修正を発表している。営業利益見通しは4.25億円から2.40億円(前期は5.96億円)へと引き下げた。売上高は従来予想を上回ったものの、不動産総合ソリューション事業におけるRE/MAX JAPANの立ち上げ、その他事業における人工知能(AI)研究開発等の事業化及び飲食事業規模拡大のための新店舗オープンなど、新規・成長領域への事業進出のための先行投資により販管費が膨らんだという。

<KS>

fisco
  • 円高? 円安? 先行き不透明な今の円相場で短期的に利益を狙う方法
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。