マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】9日の米国市場ダイジェスト:ダウは76ドル安、企業業績への警戒感

2017年1月10日 7:38


■NY株式:ダウは76ドル安、企業業績への警戒感

NYダウ       ナスダック
終値:19887.38   終値:5531.82
前日比:-76.42   前日比:+10.76
始値:19931.41   始値:5527.58
高値:19943.78   高値:5541.08
安値:19887.38   安値:5517.14



9日の米国株式相場はまちまち。ダウ平均は76.42ドル安の19887.38、ナスダックは10.76ポイント高の5531.82で取引を終了した。原油安に加えて、12日から始まる10-12月期決算を前に企業業績への警戒感から売りが先行。アナリストの投資判断を受けて一部ハイテク株に買いが広がったものの、相場全体は上値の重い展開となった。ナスダック総合指数は最高値を更新した。セクター別では、半導体・半導体製造装置や医薬品・バイオテクノロジーが上昇する一方でエネルギーや公益事業が下落した。

バイオ医薬品のアリアド・ファーマシューティカルズは、武田薬品工業による52億ドルの買収で合意し、前日比70%を超す大幅上昇。ソフトウェアのオラクル(ORCL)や携帯端末のアップル(AAPL)はアナリストの買い推奨を受け堅調推移。中国電子商取引のアリババ・グループ(BABA)は、ジャック・マ会長がトランプ次期大統領と米国内での雇用創出について会談したことが報じられ買われた。一方で、原油相場の下落を受けてエクソン・モービル(XOM)やシェブロン(CVX)などエネルギー関連会社が軟調推移。飲料メーカーのコカコーラ(KO)と家庭用品のプロクター&ギャンブル(PG)はゴールドマンサックスによる投資判断引き下げを受け、小幅下落となった。

トランプ次期大統領の圧力を受け、自動車大手のフォード(F)やフィアット・クライスラー(FCAU)が米国での新たな投資計画を発表する一方で、ゼネラル・モーターズ(GM)はメキシコでの生産計画を維持する方針を示しており、今後の展開に注意が必要だ。


Horiko Capital Management LLC


■NY為替:ドル弱含み、英国のEU離脱交渉進展に不透明感

9日のニューヨーク外為市場でドル・円は、116円70銭から115円96銭まで下落し、116円06銭で引けた。英国のハードブリグジット警戒感が再燃したことや、米国防当局者が米海軍の駆逐艦が8日にイラン革命防衛隊の船舶に向けて威嚇射撃を3回行ったと公表したことがドル売り材料となったようだ。

ユーロ・ドルは、1.0513ドルから1.0583ドルまで上昇し、1.0575ドルで引けた。欧米金利差の拡大観測はやや後退し、ユーロの買戻しが優勢となった。ユーロ・円は、122円42銭まで下落後、123円08銭まで戻した。ポンド・ドルは、1.2126ドルへ下落後、1.2179ドルまで反発。英国のメイ首相が、シングルマーケットへのアクセス維持よりも移民制限を優先する方針を示したため、ハードブリグジットへの警戒感が再燃し、ポンド売りが加速。ドル・スイスは、1.0195フランから1.0142フランへ下落した。安全通貨フラン買いが加速した。


■NY原油:4日ぶり反落で51.96、協調減産に対する不透明感が先行

NY原油先物は4日ぶりに反落(NYMEX原油2月限終値:51.96↓2.03)。51.82ドルから53.83ドルのレンジで推移した(時間外取引含む)。イラク南部の港から輸出された原油量が16年12月は増加し、過去最大規模になったと伝わった。市場では、協調減産に対する不透明感が意識され売り優勢の展開となった。

また、先週末に石油サービス会社ベーカー・ヒューズが発表した米国での石油掘削に使用するリグの稼動数が、10週連続で増加したことも重しとなった。

チャートでは、下値をじりじりと切り上げていたが、この日の大幅下落で25日移動平均線(52.3ドル水準)を割り込んでいる。


■主要米国企業の終値

銘柄名⇒終値⇒前日比(騰落率)

バンクオブアメリカ(BAC)  22.55ドル -0.13ドル(-0.57%)
モルガン・スタンレー(MS) 42.71ドル -1.14ドル(-2.60%)
ゴールドマン・サックス(GS)242.89ドル -2.01ドル(-0.82%)
インテル(INTC)      36.61ドル +0.13ドル(+0.36%)
アップル(AAPL)      118.99ドル +1.08ドル(+0.92%)
アルファベット(GOOG)   806.65ドル +0.5ドル(+0.06%)
フェイスブック(FB)    124.90ドル +1.49ドル(+1.21%)
キャタピラー(CAT)     92.37ドル -0.67ドル(-0.72%)
アルコア(AA)       29.48ドル -1.2ドル(-3.91%)
ウォルマート(WMT)     68.71ドル +0.45ドル(+0.66%)
スプリント(S)       8.70ドル +0.01ドル(+0.12%)




<SK>

fisco

「マネーポストFX」の注目記事

半年の最大損失が約6万円なのに、取引全自動で稼ぎは50万円以上のFX
取引全自動のFXシストレ 5万円元手に1か月で8万円稼いだ実力
忙しくてもFX自動売買で1000万円儲けたトレーダー
40代投資家 「守り」を意識した売買で5000万円突破
相場観ゼロでもFXで1000万円稼ぐ方法とは
  • 約1年で140万円の儲け 暴れ馬ポンドで稼いだFXシストレ
  • 年間利回り10%以上も可能 海外銘柄で配当投資を始める方法
  • 2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。