マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】トランプ会見が無風なら業績を手掛かりとした個別物色に【クロージング】

2017年1月11日 16:36

11日の日経平均は4営業日ぶりに反発。63.23円高の19364.67円(出来高概算19億4000万株)で取引を終えた。10日の米国市場の流れを受け、自動車やハイテク株の一角がリバウンドをみせた。トランプ次期米大統領の会見を控えるなか、足元で調整が続いていた金融株にも買い戻しとみられる動きや鉄鋼など素材株が買われるなど、いわゆるトランプ物色の流れとなった。円相場が一時1ドル116円台と円安に振れるなか、日経平均は一時19402.17円まで上げ幅を広げる場面もみられた。

しかし、結局はトランプ次期米大統領の会見を見極めたいとするムードが強く、上値追いは慎重。午後は40円弱の狭い値幅での推移だった。セクターでは鉄鋼、非鉄金属、銀行、鉱業、ガラス土石、その他製品、電気機器、金属製品が上昇。半面、水産農林、不動産、食料品、ゴム製品が下落。

市場の関心はトランプ次期米大統領の記者会見となる。これまでトランプ氏はツイッターなどを通じた一方通行の意見表明を多用し、企業や金融市場に混乱を与えている。大統領選後は公の場での記者会見には応じていなかったほか、先週はトヨタ自<7203>のメキシコ計画への批判といったバッシングを発信したこともあって、市場の関心は高い。トランプ物色への期待が根強い一方で、トランプリスクが警戒される銘柄への資金流出といった動きが出てくるかが注目されるところであろう。

その他、決算シーズンとなり、個別の業績に関心が向かいやすい。トランプ次期米大統領の記者会見が無風となった場合には、業績を手掛かりとした個別物色に向かわせよう

<AK>

fisco
  • 円高? 円安? 先行き不透明な今の円相場で短期的に利益を狙う方法
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。