マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】Pウォーター Research Memo(4):ウォーターダイレクトとエフエルシーが経営統合し業界3位に

2017年1月17日 16:20

■会社概要

(3)経営統合

2016年7月にウォーターダイレクトとエフエルシーが経営統合し、プレミアムウォーターホールディングス(持ち株会社)として生まれ変わった。宅配水業界(保有顧客ベース)で4位のウォーターダイレクトと8位のプレミアムウォーター(エフエルシー傘下)が統合することで業界3位となり、ワンウェイ方式の会社では1位、顧客保有数32万人(2016年3月時点)の企業グループとなった。両社とも大株主が光通信とそのグループであり、以前から天然水のOEM供給・調達をしてきたビジネスパートナーとしての関係にあったことが背景にある。

新会社のプレミアムウォーターホールディングス<2588>を率いるのは、エフエルシーの創業メンバーであり代表取締役の萩尾陽平氏である。まだ38歳という若さではあるが、エフエルシーを営業・プロモーション力では国内トップクラスに引き上げ、通信機器など様々な商材の販売でその実績を評価されてきた。2010年から宅配水に進出し、短期間でプレミアムウォーターブランドを急成長させ、ウォーターサーバー新規顧客獲得数22,949件(2016年8月、宅配天然水No.1)の記録を持つ。一方、旧ウォーターダイレクトの強みは、非加熱天然水の製造品質及び出荷量が国内トップクラスである点にある。強者が経営統合することにより、製販ともに充実した天然水宅配のトップ企業となった。ブランドに関しては「プレミアムウォーター」に統一することにより、効率的は広告宣伝につなげる。新会社の従業員数は614名となるが、その58%が直販営業人員であり、強力な営業会社の色彩が強い。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田 秀夫)

<HN>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心! プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産査定とは?マンション・戸建て・土地で違う査定基準
不動産査定とは? マンション・戸建て・土地で違う査定基準

初心者向け「FX」の記事まとめ

サラリーマン向きFX 3か月で50万円の利益をあげた自動売買
忙しくてもFX自動売買で1000万円儲けた個人投資家
金利7.5%のメキシコペソの魅力とは 他の高金利通貨と比較

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。