FiscoNews

【注目トピックス 日本株】フォーバル—3Qは増収・2ケタ増益、主力2事業が2ケタ以上の増益

*14:14JST フォーバル---3Qは増収・2ケタ増益、主力2事業が2ケタ以上の増益
フォーバル<8275>は9日、2024年3月期第3四半期(23年4月-12月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比9.2%増の459.81億円、営業利益が同77.3%増の19.11億円、経常利益が同61.5%増の21.09億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同104.9%増の12.36億円となった。

フォーバルビジネスグループの売上高は前年同期比15.0%増の232.83億円、セグメント利益は同19.3%増の10.53億円となった。アイコンサービスが順調に拡大したほか、エルコム社などのグループ会社の売上が増加した。

フォーバルテレコムビジネスグループの売上高は前年同期比4.4%減の167.96億円、セグメント利益は同216.3%増の7.23億円となった。新電力サービスが増加した一方で、ISPサービスや印刷関連が減少した。また前年同期は電力の仕入価格上昇の影響を受けた反動があった。

総合環境コンサルティングビジネスグループの売上高は前年同期比54.4%増の42.05億円、セグメント利益は0.94億円(前年同期は0.64億円の損失)となった。自家消費ニーズの高まりを受けて太陽光システムが増加したほか、LEDの販売も好調に推移した。

その他事業グループの売上高は前年同期比8.4%増の16.96億円、セグメント利益は同7.0%増の2.38億円となった。セミナーやIT技術者の派遣事業が増加した。

2024年3月期通期の連結業績予想については、売上高が前期比4.1%増の620.00億円、営業利益が同22.8%増の30.00億円、経常利益が同10.4%増の30.00億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同13.1%増の19.00億円とする期初計画を据え置いている。

<SI>

fisco

注目TOPIC

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。