マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】RIZAPーG Research Memo(6):RIZAP GOLF、RIZAP ENGLISHは来期以降の本格展開

2017年1月19日 7:58

■RIZAPグループ<2928>の新規事業による成長

各種新規事業の中でも先行しているのがRIZAP GOLFとRIZAP ENGLISHだ。RIZAP GOLFは、現在5店舗を展開中だ。2017年3月期第2四半期には実験的な店舗として、池袋にRIZAPとのコラボ店舗をオープンさせた。また、従来から課題の1つであったトレーナーの確保を進めている。

RIZAP ENGLISHは2016年7月に1号店を出店して事業がスタートしたのち、10月に2号店をオープンした。トレーナーが徹底的に寄り添うRIZAPメソッドを採用し、短期間(例:“2か月間”)で結果を出す(例:“TOEICでスコアを200点改善”)ことを打ち出している。

RIZAP GOLF、RIZAP ENGLISHともに、従来は2017年3月期中の多店舗展開に意欲を見せていたが、ここにきてPDCAサイクルを回してプログラム、コンテンツのブラッシュアップや、CMの作り込みなどに注力しているもようだ。事業拡大を急ぐよりも、しっかりと商品・サービスを作りこむことが顧客満足度につながり、結局は成功への近道となるということで、下期を準備と投資の時期に充当し、2018年3月期以降の本格展開につなげる方針に変更したと思われる。

弊社では、こうした同社の姿勢は正しいと考えている。RIZAPはゴルフレッスン、英語学習ともに、業界の中では後発に属する。一方でブランドイメージが非常に高いだけに、顧客の期待も大きいと考えらえる。そこにギャップを生じさせると、RIZAPのブランドイメージ自体が傷を負うことになりかねない。ゴルフレッスンも英語学習も市場規模は十分大きいので、急ぐ必要はない。また、RIZAPの本業が好調であるため、先行投資を行う余裕は十分にある。準備万端に整えたあとの本格展開に期待したい。

それ以外の新規事業としては、アパレル分野での事業展開が注目される。グループ内にはマルコ、夢展望、アンティローザ、馬里邑など、複数のアパレル関連企業を抱えている。パーソナルジムで確立したRIZAPのブランドイメージと合わせた、高機能アパレルなどが1つの分野として想定される。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)

<TN>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心! プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産査定とは?マンション・戸建て・土地で違う査定基準
不動産査定とは? マンション・戸建て・土地で違う査定基準

初心者向け「FX」の記事まとめ

サラリーマン向きFX 3か月で50万円の利益をあげた自動売買
忙しくてもFX自動売買で1000万円儲けた個人投資家
金利7.5%のメキシコペソの魅力とは 他の高金利通貨と比較

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。