マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【オープニングコメント】トランプ発言に振らされポジションは傾けづらく

2017年1月19日 8:53

 19日の日本株市場は買い先行の展開になろう。18日の米国市場では高安まちまちだったが、為替相場がトランプ次期米大統領の口先介入によって1ドル114円半ばへと円安に振れている。これを受けてシカゴ日経225先物清算値は大阪比180円高の19010円と節目の19000円を回復しており、これにサヤ寄せする格好になりそうだ。

 もっとも、買い一巡後はこう着感の強い相場展開になりそうだ。最近の調整に対する自律反発にとどまると考えられ、日経平均は5日線が位置する19050円辺りでの上値の重さが意識されそうだ。トランプ氏の発言等に振らされる状況であり、20日の大統領就任を控えてポジションは傾けづらいだろう。

 また、決算発表が本格化してくることも手掛けづらくさせる。決算内容を受けて一方向に大きく振れやすい需給状況でもあり、先回り的な売買は限られよう。また、価格帯別出来高では戻り待ちの売りが出やすい水準であり、強弱感が対立しそうだ。

<AK>

fisco

FXにも挑戦したい人必見! 初心者向きFX記事まとめ

株式投資注目記事

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 外資系保険会社の外交員がFXで1000万円以上稼いだ方法とは
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。