マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】日経平均テクニカル:強弱感が対立しやすい位置

2017年1月19日 18:15

続伸。マドを空けての上昇から5日線を突破して始まった。その後は19000円を挟んでの狭いレンジ取引となっている。ボリンジャーバンドでは-1σの水準まで上昇したが、-2σとのレンジは脱せておらず、売られ過ぎからの自律反発の域となった。早い段階で-1σを突破し、中心値(25日)を捉える動きを見極める必要がある。一目均衡表では転換線を捉えてきたが、その上には基準線が位置しており、こちらも見極めが必要。一方で、実線を割り込みつつあった遅行スパンについては、実線の上昇に沿った切り上がりにより、上方シグナルが継続している。パラボリックは陰転シグナルが継続。価格帯別出来高では商いが積み上がっていた19100-19300円処が上値抵抗として意識されていることもあり、強弱感が対立しやすい位置にある。

<SK>

fisco

FXにも挑戦したい人必見! 初心者向きFX記事まとめ

株式投資注目記事

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 外資系保険会社の外交員がFXで1000万円以上稼いだ方法とは
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。