マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 外国株】19日の香港市場概況:ハンセン0.2%安と3日ぶり反落、キャセイ航空急落

2017年1月19日 18:09

19日の香港市場は値下がり。主要50銘柄で構成されるハンセン指数が前日比48.30ポイント(0.21%)安の23049.96ポイント、本土企業株で構成されるH株指数が10.49ポイント(0.11%)安の9792.37ポイントとそろって3日ぶりに反落した。売買代金は553億6100万香港ドルに縮小している(18日は684億7100万香港ドル)。

域内金利の上昇を警戒。香港は金融政策で米国に追随するため、昨夜の米10年債利回りが急上昇したことを嫌気した。中国であす、2016年GDP成長率や昨年12月の各種経済統計(鉱工業生産や小売売上高、固定資産投資など)がまとめて発表されることも気がかり。結果を見極めたいとするスタンスが強まり、買い控え要因として意識された。

ハンセン指数の構成銘柄では、香港航空大手の国泰航空(キャセイ航空:293/HK)が3.9%安と急落。失望売りが膨らんだ。同社は18日に大規模再編に着手すると発表したものの、具体性に欠けるとの見方が広がっている。

香港系不動産セクターも売られる。信和置業(サイノランド:83/HK)が2.2%安、恒基兆業地産(ヘンダーソンランド:12/HK)が1.6%安、新鴻基地産発展(サンフンカイ・プロパティーズ:16/HK)が1.4%安、恒隆集団(ハンルン・グループ:10/HK)がそろって1.2%安で引けた。

紙・パルプセクターもさえない。ダンボール原紙メーカーの玖龍紙業(2689/HK)が1.9%、同業の理文造紙(2314/HK)が0.9%、紙製サニタリー用品最大手の恒安国際集団(1044/HK)が1.9%ずつ値を下げた。イエレンFRB議長が講演で、「2019年末まで年2、3回のペースで政策金利を引き上げる」と発言するなか、米ドル高が再び進行。人民元が下落するなか、原材料輸入コストの上昇懸念が強まった。

【亜州IR】

<SK>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心! プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産査定とは?マンション・戸建て・土地で違う査定基準
不動産査定とは? マンション・戸建て・土地で違う査定基準

初心者向け「FX」の記事まとめ

サラリーマン向きFX 3か月で50万円の利益をあげた自動売買
忙しくてもFX自動売買で1000万円儲けた個人投資家
金利7.5%のメキシコペソの魅力とは 他の高金利通貨と比較

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。