マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【日経225・本日の想定レンジ】抵抗線を試しに行く可能性も

2017年1月20日 8:17

[本日の想定レンジ]
 19日のNY市場は下落。12月住宅着工・建設許可件数が堅調な内容となったほか、週間新規失業保険申請件数が予想より減少したことが好感され買いが先行。その後は、トランプ次期大統領の就任式を控えて、ムニューチン財務長官候補など、複数の閣僚就任を巡る公聴会の動向を見極めたいとの思惑もあり、軟調推移となった。ダウ平均は72.32ドル安の19732.40、ナスダックは15.57ポイント安の5540.08。シカゴ日経225先物清算値は大阪比55円安の19045円。
 シカゴ先物にサヤ寄せする格好から、やや利食い優勢の展開になろう。その後は
19000円処での底堅さが意識されるかを見極めたいところ。昨日はマドを空けての上昇から5日線を回復した。ボリンジャーバンドでは-1σの水準まで上昇したが、-2σとのレンジは脱せておらず、売られ過ぎからの自律反発の域となった。一目均衡表では転換線を捉えてきたが、その上には基準線が位置しており、こちらも見極めが必要。遅行スパンについては、実線の上昇に沿った切り上がりにより、上方シグナルが継続している。ただ、横ばい推移することにより、下方転換シグナルを発生させてくる可能性があり、実線に沿ったリバウンドをみせられるかが注目される。価格帯別出来高では商いが積み上がっていた19100-19300円処が上値抵抗として意識されていることもあり、強弱感が対立しやすい。
 もっともトランプイベント通過後のアク抜けを意識してくるようだと、抵抗線を試しに行く可能性もあり、19000-19200円のレンジを想定する。

[予想レンジ]

上限 19200円−下限 19000円

<TM>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心! プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産査定とは?マンション・戸建て・土地で違う査定基準
不動産査定とは? マンション・戸建て・土地で違う査定基準

初心者向け「FX」の記事まとめ

サラリーマン向きFX 3か月で50万円の利益をあげた自動売買
忙しくてもFX自動売買で1000万円儲けた個人投資家
金利7.5%のメキシコペソの魅力とは 他の高金利通貨と比較

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。