マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】トランプ大統領就任で動く銘柄とは、SMBC日興証券(花田浩菜)

2017年1月20日 12:34

こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

いよいよ本日20日(金)、米国のトランプ新大統領の就任式がありますね。

SMBC日興証券の1/20付の「Daily Outlook」では、米国の大統領就任式と株式市場の関連性について、『新政権発足からの100日間は「ハネムーン期間」と呼ばれ、メディアは批判的なコメントを控える習わしがある。また、株式市場もそれにならって、堅調に推移する傾向がある。オバマ氏までの直近5代の米大統領の就任後100日間の米国株式市場を振り返ってみると、2008~09年のリーマンショックの最終局面で就任したオバマ氏を除いて、総じて底堅いパフォーマンスであった』と伝えています。

そして今回のトランプ氏の就任については、『「就任後100日計画」をすでに表明しており、「TPP(環太平洋パートナーシップ)協定からの離脱」など、大統領権限で実行可能な数項目が挙げられている。(中略)今年に入って大手企業が相次いで米国内での投資増額や、雇用拡大を打ち出しており、少なくとも現時点では米国景気にポジティブとなる材料が散見される』とのことです。

これを受けて同レポートでは、ブリヂストン<5108>や味の素<2802>、日産自動車<7201>など、米国株との相関が高い銘柄を全11社紹介していますので、詳しくはご覧になってみてください。

また、面白いレポートを発見したらご紹介します。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜

<SK>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心! プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産査定とは?マンション・戸建て・土地で違う査定基準
不動産査定とは? マンション・戸建て・土地で違う査定基準

初心者向け「FX」の記事まとめ

サラリーマン向きFX 3か月で50万円の利益をあげた自動売買
忙しくてもFX自動売買で1000万円儲けた個人投資家
金利7.5%のメキシコペソの魅力とは 他の高金利通貨と比較

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。