マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 外国株】20日の中国本土市場概況:上海総合0.7%高と反発、第4四半期GDPの上振れを好感

2017年1月20日 17:03

20日の中国本土市場は値上がり。主要指標の上海総合指数は、前日比21.84ポイント(0.70%)高の3123.14ポイントと反発した。上海A株指数も上昇し、22.85ポイント(0.70%)高の3270.33ポイントで取引を終えた。外貨建てB株相場も値上がり。上海B株指数は2.90ポイント(0.87%)高の334.96ポイント、深センB株指数は6.84ポイント(0.63%)高の1101.17ポイントで終了した。

中国景気の安定成長が好感される。国家統計局は20日、2016年第4四半期(10~12月)の国内総生産(GDP)成長率が前年同期比6.8%だったと発表した。7~9月期の6.7%から拡大し、市場予想の6.7%も上回っている。

資金ひっ迫懸念もやや薄らぐ。中央銀行の中国人民銀行は20日、リバースレポを通じ、合計1100億人民元を市中に供給した。期日到来分との差し引きで、今週は1兆1300億人民元の資金供給超。週間での資金供給額は過去最大だった。人民銀が国内の5大銀行を対象に、春節(旧正月)期間の時限措置として、預金準備率を引き下げたもよう——とも報じられた。

中小型株を好むとされる個人投資家のセンチメントも上向く。ベンチャー企業株で構成される深セン創業板指数は2.00%高と急反発。構成銘柄はほぼ全面高となった。

上海総合指数の好税銘柄では、ITハイテク関連株やバイオ医薬関連株の上げが目立つ。業務ソフト開発大手の用友網絡科技(600588/SH)が5.0%高、上海市政府系医薬グループの上海医薬集団(601607/SH)が3.3%高で引けた。消費関連株もしっかり。春節の大型連休を来週末からに控え、需要増の期待が強まっている。自動車株やインフラ関連株、運輸関連株、金融株、不動産株素材株なども物色された。

【亜州IR】

<ZN>

fisco

「FX運用ガイド」の注目記事

FXなのにリスク抑えめの「シストレ」 6か月で50万円以上の利益
円安は好機? FX初心者のライターE氏がシストレで9月は20万円の儲け
取引全自動のFXシストレ 5万円元手に1か月で8万円稼いだ実力

カードローンQ&A

誰にも「ばれない」でカードローンを利用する事は出来るのか?
  • 不況を断ち切るマーケティング思考とは?
  • 9月は20万円の儲け ビジネスマンでも稼げたFXの取引方法を解説
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。