マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】ネクシィーズG Research Memo(2):“情熱ベンチャー企業家”近藤社長が率いる企業グループ

2017年1月23日 7:52

■会社概要

(1)沿革

ネクシィーズグループ<4346>は、代表取締役社長兼グループ代表の近藤太香巳氏が1987年に大阪で開始したプッシュフォンの訪問販売を起源とする。1990年に電話加入権をクレジットで分割購入できる「テルミーシステム」が大ヒットし、その後に携帯電話版「テルミーシステム」でも大成功する。その後も得意の企画力と営業力を武器に、携帯電話や衛星放送などのデジタル商材の販売で業容を拡大し、2000年にはソフトバンクインベストメント(株)(現SBIインベストメント(株))が資本参加、2002年には大証ナスダック・ジャパン市場に上場(現ジャスダック)、2004年には東証及び大証1部上場を果たす。その後も、ISPサービス・金融商品・動画コンテンツ・着物教室及び販売などに提携・M&Aを通じて積極的に参入し、事業領域を拡大している。現在の主力2事業は、ブランジスタが行う電子メディア事業と2012年に開始したLED照明を始めとするエネルギー環境関連事業である。ブランジスタは2016年6月に、スマートフォン向けのクレーンゲーム「神の手」を販売開始し、新たなチャレンジをし続ける。

近藤太香巳社長は、19歳で起業した生来のベンチャー企業家である。2000年、ITバブルの崩壊による東証マザーズ上場中止(とりやめ)など、様々な逆境を乗り越えて2004年に当時最年少創業社長として東証1部に上場を果たす。2006年には「Japan Venture Award 2006」の起業家部門にて、最高位である経済産業大臣賞を受賞。講演活動(早稲田大学、東京大学など)や著作出版など、持ち前の情熱で将来の起業家を育てる活動を積極的に行っており、日本一の経営者交流会「パッションリーダーズ」(全国会員数3,800名)の代表理事も務めている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田 秀夫)

<TN>

fisco

「FX運用ガイド」の注目記事

FXなのにリスク抑えめの「シストレ」 6か月で50万円以上の利益
円安は好機? FX初心者のライターE氏がシストレで9月は20万円の儲け
取引全自動のFXシストレ 5万円元手に1か月で8万円稼いだ実力

カードローンQ&A

誰にも「ばれない」でカードローンを利用する事は出来るのか?
  • 不況を断ち切るマーケティング思考とは?
  • 9月は20万円の儲け ビジネスマンでも稼げたFXの取引方法を解説
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。