マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】決算を手掛かりとした個別対応に【クロージング】

2017年1月24日 16:25

24日の日経平均は続落。103.04円安の18787.99円(出来高概算18億6000万株)で取引を終えた。米株安のほか、ムニューチン次期米財務長官が「強いドルは短期的にマイナス」との考えを示していることが伝わり、1ドル112円台と円高に振れたことが嫌気された。ただし、前日に250円近い下落を見せた反動もあり、売り一巡後は上昇に転じる場面もみられている。午後は日銀のETF買い入れへの思惑等もあったが、戻りの鈍さが嫌気され、大引けにかけては再び下げ幅を広げている。

東証1部の騰落銘柄は、値下がり数が1000を超えており、全体の過半数を占めている。セクターでは海運、卸売、鉄鋼、情報通信が堅調。半面、銀行、電力ガス、保険、鉱業、証券が軟調。売買代金上位では、ソフトバンクG<9984>、Vテク<7717>、キーエンス<6861>、日本電産<6594>が堅調。

安川電<6506>はコンセンサスを上回ったほか、通期計画の上方修正が材料視されていたが、結局は利食い優勢の展開だった。メガバンクが弱い動きをみせていたことも、センチメントを悪化させていた。一目均衡表では引き続き転換線に上値を抑えられているほか、遅行スパンは明確に実線を下回っており、シグナルは悪化傾向にある。雲上限に接近してきており、いったんは雲上限でサポートを確認する展開が意識されよう。

神経質な相場展開のなか、決算を手掛かりとした個別対応のほか、テーマ性のある中小型株などに短期の値幅取り狙いの資金が集中しやすいだろう。

<AK>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法
クレカの「ポイント」で始める投資 対象クレジットカードとそれぞれの特徴を紹介
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。