マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】三井不動産が台湾に「ららぽーと」、2021年開業へ

2017年1月25日 16:04

三井不動産<8801>は25日、2021年に台湾台北市でリージョナル型ショッピングセンター「ららぽーと」を開業する計画を明らかにした。上海、クアラルンプールに続く海外で3施設目の「ららぽーと」で、台湾での開業はこれが初めて。店舗数約250店、店舗面積約7万平米(予定)と、台北都市圏では最大級の商業施設になる見通し。
同社は今回、現地金融グループ大手である中国信託金融グループ傘下の台湾人寿保険と提携。台湾人寿保険が今後開発するオフィス、ホテルなどの複合建物のうち、商業モール部分を三井不動産が一括借り上げし、「三井ショッピングパーク ららぽーと台湾南港(仮称)」として運営する。三井不動産が100を超える国内外の商業施設で培ったノウハウを最大限に生かし、台湾でも人気の高い日系店舗をファッション、物販、飲食の各カテゴリーで誘致する考えだ。また、エンターテインメント施設や飲食店舗の充実を図るなど、来店者が一日中楽しめる「時間消費型の施設」を目指す。
台北市東部の南港区内に建設地を確保した。台北地下鉄(MRT)の「南港ソフトウェアパーク駅」から徒歩1分、「南港展覧館駅」から徒歩3分に位置する。計画地周辺エリアの南港経貿園区は、新都心としてIT産業を中心とするオフィス・商業・住宅など複合的な街づくりが推進されてきた。台湾最大のコンベンションホール「南港展覧館」にも近い。

【亜州IR】

<ZN>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法
クレカの「ポイント」で始める投資 対象クレジットカードとそれぞれの特徴を紹介
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。