マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【マザーズ市況】マザーズ指数は4日続伸、好地合いで買い継続、イントランスやストライクがストップ高

2017年1月25日 18:06

 本日のマザーズ市場では、米株高や円安を受けて日経平均が大幅反発となるなか、好地合いを背景に買いが継続した。リリースなどの個別材料を手掛かりとした物色に加え、好業績株の買い直しやテーマ株物色の動きも見られた。なお、マザーズ指数は4日続伸、売買代金は概算で996.99億円。騰落数は、値上がり163銘柄、値下がり55銘柄、変わらず10銘柄となった。
 個別では、マザーズ売買代金トップのGunosy<6047>や、フィルカンパニー<3267>、マーケットE<3135>、アンビション<3300>が10%を超える上昇となった。Gunosyは引き続き業績面が評価されているもようで、アンビションは民泊関連として関心が高い。また、カジノを含む統合型リゾート(IR)開発に関する報道が見られたイントランス<3237>
や、立会外分売の実施で東証1部への昇格期待が高まったストライク<6196>はストップ高まで買われた。その他では、マイネット<3928>、グレイス<6541>、SOSEI<4565>、エボラブルA<6191>、アスカネット<2438>などが上昇した。一方、サイバーS<3810>、リファインバス<6531>、JIG−SAW<3914>、シリコンスタ<3907>などが下落。また、前日ストップ高のREMIX<3825>が急反落し、マザーズ下落率トップとなった。

<HK>

fisco

FXにも挑戦したい人必見! 初心者向きFX記事まとめ

お得に賢く! クレジットカード・ポイント活用術特集

ポイント還元率で比較する注目のクレジットカード4選

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 外資系保険会社の外交員がFXで1000万円以上稼いだ方法とは
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。