マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】NYの視点:トランプ大統領の「最初の100日(First Hundred Days)」

2017年1月26日 7:45

ダウ平均株価は心理的節目と見られていた2万ドルを突破し、史上最高値を更新した。1999年に10万ドルの大台入りしたのち、18年間で大台が変わった。トランプ大統領が就任第1日目から選挙で掲げていた公約実現に向けたプロセスを精力的に進めているため、投資家間に楽観的な見方が広がった。

トランプ大統領は就任3日目、1)国境警備、2)移民に関して2つの大統領令に署名。国境警備では5000人の新たな雇用創出を公約した。大統領は就任当日、オバマケア撤廃に向けた大統領令に署名、その後、貿易においてはTPP脱退について大統領令に署名した。2日目には、キーストーンXLおよびダコタ・アクセス両パイプラインの建設プロジェクトを推進させる2つの大統領令に署名し、さらなる雇用増につながるとの見方も強まった。

新大統領の「最初の100日(First Hundred Days)」は注目度が高い。最初に使用されたのはフランクリン・ルーズベルト第32代大統領。大恐慌下、ルーズベルト大統領は1933年にアメリカ大統領に就任すると、全国産業復興法や農業調整法など、のちにニューディール政策と総称される複数の重要法案などの危機対策をわずか100日程度で矢継ぎばやに成立させ、著名ラジオ演説で国民に向け、「国民は行動を求めた、ここにそれがある」とし「奔走した100日が終わる」で演説を終了したことがきっかけとされている。

ライアン下院議長は、本年の多くの共和党立法議案の要点、タイムテーブルを明らかにした。1)4月までに、オバマケアの撤廃、差し替える、続いて、2)メキシコ国境の壁建設の資金調達、3)8月までに税制改革パッケージを可決、を目指す。上院、下院、トランプ政権は最初の200日で作業を終えると公約した。税制改革に関しては、広範な税率引き下げで、歳入歳出は相殺される見込みで財政赤字に繋がらないと指摘。今後100日、トランプ大統領が果たして、極めて優れたパフォーマンスを見せるかどうかを睨んだ展開となっていく。

<SK>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心! プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産査定とは?マンション・戸建て・土地で違う査定基準
不動産査定とは? マンション・戸建て・土地で違う査定基準

FX・株に挑戦したい人必見! 初心者向き記事まとめ

税制優遇でお得に“自分年金”を作れる「iDeCo」特集

【資料請求】業界最大級の商品ラインアップ「SBI証券のiDeCo」
森永卓郎氏 現役時代にしておくべき「脱・老後破産」の準備

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 外資系保険会社の外交員がFXで1000万円以上稼いだ方法とは
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。