マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】【人工知能による銘柄選択の途中経過検証】AIの選定した銘柄群が予想を上回る順調なスタート

2017年1月26日 19:17

フィスコ<3807>が16日にリリースした「Scorobo for Fintech AI銘柄選択レポート」が、順調なスタートを切っている。同レポートは、テクノスジャパン<3666>の子会社テクノスデータサイエンス・エンジニアリング(TDSE)とフィスコによる、FinTech分野における業務提携の第一弾。TDSEの人工知能エンジンScorobo for Fintech Charged StockAnalysisLogic(以下、Scorobo for Fintech)β版(最新改良版)を装填したフィスコAIが、銘柄選択・相場予想等をしたもの。フィスコAIによるデータ解析から抽出された銘柄をフィスコのアナリストが取り上げ、コメントを執筆したレポートである。

今回のレポートは、AI、フィンテック、VR、アップル、有機EL、ZMP・自動運転、原油のテーマのうち、株価上昇期待(スコア)の高いAIより注目される銘柄を選別している。
レポートでは大きく5銘柄を取り上げているほか、そのテーマからスコア上位20銘柄を掲載している。

レポート発行後1週間が経過し、今回パフォーマンスを検証してみた。その結果、1月17日の寄付きをスタートとし、25日までの期間高値による上昇率をみると、以下のとおりとなった。ちなみに、この期間のTOPIXの上昇率は0.8%である。

<3655>ブレインパッド     18.1%
<6050>イー・ガーディアン   17.3%
<3773>アドバンスト・メディア 11.1%
<3744>サイオステクノロジー   5.2%
<3905>データセクション     0.5%

また、リスト内での銘柄では、<2468>フュートレックが+17.3%、<3914>JIG-SAWが+7.4%、<3776>ブロードバンドタワーが+7.2%、<4326>インテージホールディングスが+7.0%等となっている。

26日時点においても、ブレインパッド、イー・ガーディアン、アドバンスト・メディア、サイオステクノロジーは期間高値を更新しているほか、データセクションについても、緩やかなリバウンドをみせてきている。

<WA>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法
クレカの「ポイント」で始める投資 対象クレジットカードとそれぞれの特徴を紹介
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。