マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】スターアジア Research Memo(8):外部成長:短期的には優先交渉権のある資産16,591百万円の組み入れ

2017年1月27日 8:02

■スターアジア不動産投資法人<3468>の成長戦略

2. 優先交渉権の取得による外部成長機会の確保
同REITでは、2016年8月までに6物件、総額165億91百万円の優先交渉権を取得している。アセットタイプ別の内訳としては、住宅2物件(取得決定済みの1物件を含む)、ホテル2物件、オフィス1物件、物流施設1物件である。6物件はいずれもスポンサーグループが所有する物件であり、同REITとしては投資口価格の推移を見ながらエクイティファイナンスを伴う物件取得のタイミングを計った上でポートフォリオに組み入れたい考えだ。優先交渉権は2017年2月末までの権利であり、これらの物件がスポンサーグループ所有であることから延長になる場合もある。なお、この内の1物件アーバンパーク護国寺(旧ジョイテル護国寺、住宅)は、2016年12月5日に取得に向けた売買契約が締結され、2017年2月1日に取得が予定されている。

2016年12月5日に公表された物件の入替えが実施された後のポートフォリオ(2017年2月1日時点)は、18物件、取得価格ベースで総額620億78百万円となる予定である。これを基準として、残る優先交渉権5物件すべてを最低購入金額で取得できた場合のポートフォリオは、23物件、772億9百万円に拡大し、4つのアセットタイプがバランスよく組み入れられることとなる。アセットタイプの組み入れ比率は、オフィス:36.7%、住宅:19.5%、物流:29.9%、ホテル:14.0%となる。また、東京圏比率は79.9%(第1期末は78.4%)に高まることとなる。

外部成長の中期目標は「2020年までに2,000億円」の資産規模であり、年間300億円程度の資産組み入れによりこの目標を達成が見えてくる。スポンサーサポートをフル活用しつつ資産運用会社独自ネットワークも活用して、スピーディーかつ着実な外部成長を目指す考えだ。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田 秀夫)

<TN>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心! プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産査定とは?マンション・戸建て・土地で違う査定基準
不動産査定とは? マンション・戸建て・土地で違う査定基準

初心者向け「FX」「株」の記事をまとめ

税制優遇でお得に“自分年金”を作れる「iDeCo」特集

【資料請求】業界最大級の商品ラインアップ「SBI証券のiDeCo」
森永卓郎氏 現役時代にしておくべき「脱・老後破産」の準備

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 外資系保険会社の外交員がFXで1000万円以上稼いだ方法とは
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。