マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】スターアジア Research Memo(5):第2期、第3期と順調に利益成長、巡航分配へ

2017年1月27日 7:54

■業績動向

2. 2017年1月期(第2期)及び2017年7月期(第3期)の業績予想
スターアジア不動産投資法人<3468>の2017年1月期(第2期)は、営業収益1,987百万円(前期比128百万円増)、営業利益1,169百万円(同21百万円増)、経常利益1,051百万円(同715百万円増)、当期純利益1,050百万円(同716百万円増)、1口当たり分配金は3,046円(同2,078円増)と同REITは予想する。

2017年7月期(第3期)は、保有資産に係る固定資産税及び都市計画税が費用化されるため、第1期決算発表時に公表した第3期の業績を巡航の状況としていたが、2016年12月5日に物件の入替え(保有する1物件の譲渡及び新規の1物件の取得決定)を公表し、譲渡によって売却益を獲得できる見込みから、第3期の業績を上方修正した。物件の入替えは、ポートフォリオの強化、保有資産の譲渡による含み益の具現化及び保有資産の評価の顕在化を狙ったものであり、これにより上方修正された予想値は、営業収益2,167百万円(第2期比180百万円増)、営業利益1,202百万円(同33百万円増)、経常利益1,076百万円(同25百万円増)、当期純利益1,075百万円(同25百万円増)となり、第2期をさらに上回る。同REITの業績予想によれば、修正前の予想1口当たり分配金2,726円に対して、新規物件の取得による分配金の押し上げ効果は12円、売却益の寄与は382円となっており、第3期の1口当たり分配金を3,120円と予想している。

2016年12月5日に公表された物件の入れ替えの概要は以下の通りである。

【譲渡予定資産】
 名称:アーバンパーク代々木公園
 譲渡予定価格:1,100百万円(取得価格:875百万円)

【取得予定資産】
 名称:アーバンパーク護国寺(旧名称:ジョイテル護国寺)
 取得予定価格:1,460百万円(優先交渉契約における最低購入価格:1,460百万円)

また、オフィスポートフォリオにおけるレントギャップの解消、管理運営コストの削減などにより1口当たり分配金の一層の上昇が期待できる。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田 秀夫)

<TN>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

目先の予想をしないFX コツコツ稼いで総利益100万円以上になることも
高金利通貨の新たな主役「カナダドル」に注目する理由
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。