マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】【中国】北京市でEV充電設備の普及加速へ、20年の60万台に対応

2017年1月29日 14:00

北京市政府は電気自動車(EV)向け充電インフラ設備の設置を加速する方針だ。2020年までをめどに、効率の高いスマート充電サービス網を構築する。中心部の重点エリアでは、設置半径を900メートル以下にまで狭める計画。EV60万台の充電需要を満たすことを目指す。北京市発展改革委員会が24日に発表した。

市政府はまた、産業構造の高度化、スマート生産システムの導入を推進する立場。「北京(大興)新能源汽車科技産業園」「昌平新能源汽車設計製造産業基地」「北京(房山)高端製造業基地」「順義新能源汽車産業基地」の整備を急ぐ意向を示した。京津冀(北京・天津・河北)エリアの新エネルギー自動車計測・実験所も設ける予定。完成車産業だけでなく、動力電池、モーター、電子部品、材料産業の成長を促す考えだ。

北京市政府は2016年4月、EV用充電設備の増設計画を発表した。同市では20年までに、市内のEV保有台数が自家用車や路線バスなどを含めて計60万台に増え、このうち自家用乗用車が45万台に達すると予想。充電設備はこうした自家用車1台当たりに「約1カ所」を目標とし、20年までに43万5000カ所へと拡充する構想だ。

工業信息化部(工業情報化部)の報告によれば、中国の新エネルギー自動車販売は、2年連続で世界最多を記録した。16年の通年では、生産が51万7000台、販売が50万7000台に伸びている。保有台数は100万台の大台を突破。世界全体の5割を超えた。

【亜州IR】

<SK>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心! プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産査定とは?マンション・戸建て・土地で違う査定基準
不動産査定とは? マンション・戸建て・土地で違う査定基準

初心者向け「FX」の記事まとめ

サラリーマン向きFX 3か月で50万円の利益をあげた自動売買
忙しくてもFX自動売買で1000万円儲けた個人投資家
金利7.5%のメキシコペソの魅力とは 他の高金利通貨と比較

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。