マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【本日の注目個別銘柄】アスクル、かどや油、エムスリーなど

2017年1月31日 17:19

<2678> アスクル 3675 +160大幅高。17年5月期1月度の単体売上高は、前年同月比8.6%増となった。主力分野のBtoB事業の伸張率は3.9%増、成長分野であるLOHACOの伸張率は42.1%増となった。8ヵ月連続で前年の実績を上回っており、良好な月次業績が材料視されている。また、株価も足元で下落基調が続いていたが、底打ちとの見方も広がっているようだ。


<6758> ソニー 3423 -79続落。17年3月期第3四半期に映画事業で1121億円の減損損失を計上すると発表したことが嫌気された。映画分野のうち、DVDソフトなどの販売を手がけるホーム・エンタテインメント事業が苦戦すると判断、収益見通しを引き下げた。連結純利益は通期計画600億円を下回る見込みだが、同日に保有するエムスリー株の一部売却で、第4四半期に約370億円の譲渡益計上と発表しており、通期の最終赤字は回避する見通し。


<2612> かどや油 4705 +455急伸。17年3月期第3四半期決算を発表。営業利益は前年同期比120.7%増の29.45億円となり、従来通期計画の25億円を超過したことがサプライズに。小売店等へのフォローアップが奏功し、ごま油事業、食品ごま事業共に好調。また、燃料費の減少等による原価低下が寄与した。加えて、通期計画の上方修正と増配を発表。営業利益を25億円から35億円、年間配当予想を70円から110円としたことも支援材料に。


<6701> NEC 261 -55急落。17年3月期の通期業績予想の下方修正を発表している。大型案件の期ずれや期待案件の失注などによるパブリック事業の売上減少、パブリック事業やその他の海外事業での採算悪化などを理由に、営業利益は従来予想の1000億円から300億円に修正。市場コンセンサスは会社計画を若干下回る水準であったため、想定以上の下方修正幅がネガティブサプライズにつながる。


<2413> エムスリー 3030 -160急落。ソニー<6758>が、保有する同社株のうち1730万2700株をゴールドマン・サックス証券に譲渡すると前日に発表した。売却により出資比率は34%に低下する。ソニーは17年3月期第3四半期に映画事業で1121億円の減損計上と発表しており、その補填策とみられている。株式売却による需給悪化懸念が広がり、売りが強まった。なお、譲渡価額については1月31日に正式に公表する予定となっている。


<9065> 山九 714 +16反発。17年3月期第3四半期の連結決算を発表している。営業利益は前年同期比21.2%増の213.07億円での着地に。また、第3四半期決算をうけて通期計画を修正し、営業利益を245億円から260億円に引き上げている。修正後の通期予想に対して、進捗率が約82%となったことから、業績への一段の上ブレ期待が高まる格好に。また、複数証券で目標株価引き上げの動きが観測されていることも支援材料となった。


<9505> 北陸電力 1137 -130急落。17年3月期の第3四半期の連結決算と詳細を非開示としていた17年3月期の通期予想を発表。10-12月期の営業損益は28.74億円の赤字に転落。高経年設備などの修繕費増、金利低下に伴う退職給付費用増、水力発電量の減少等が背景。また、開示された通期の営業利益予想は100億円と、コンセンサスの230億円前後を大幅に下回ったほか、期末配当が前期実績比15円減配の10円となったことも嫌気された。


<6772> コスモス電 184 +50ストップ高。トヨタ<7203>から車載フィルムヒーターを受注したと報じられている。フィルムヒーターをトヨタ車の予防安全支援装置に装着することで、カメラの曇りや凍結を防止し、ブレーキシステムの正確な動作を支援するようだ。本件に伴って、約9.20億円を投じて新工場を建設し、6月からの稼動を計画しているもよう。国内および欧州、北米向けの自動車への搭載が期待され、業績期待が高まる格好に。


<6754> アンリツ 780 +65大幅続伸。17年3月期第3四半期の連結決算を発表している。北米やアジアでのスマホ開発・製造関連市場における主要企業の投資抑制継続などが影響し、営業利益は前年同期比67.8%減の16.69億円で着地した。ただし、7-9月期の大幅失速(営業利益1.42億円)から一転し、10-12月期の営業利益は8億円と回復を見せており、業績悪化の底打ち感が安心感に繋がっているもよう。

<NH>

fisco
FX金利収入で月収に3~5万円の上乗せを 会社員向けトルコリラ投資法
近年、高金利通貨のブームが再燃している。なかでもトルコリラは政策金利8%のため、金利収入も高い。ここではサラリーマンでも実践できるトルコリラ投資法を紹介しよう。 <続きを読む>
40代投資家 「守り」を意識した売買で5000万円突破
「マネーポストWEB」内から、FXに関する記事を厳選。FX成功者の運用の極意を紹介する。 <続きを読む>
  • 取引全自動のFXシストレ 何もせず1か月で「5万円が13万円」になった経緯
  • FXなのにリスク抑えめ 半年で利益50万以上/最大損約6万円の「シストレ」 
  • 2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。