マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】今日の為替市場ポイント:トランプ大統領の円安誘導批判を意識して円売り抑制の展開に

2017年2月1日 8:05

1月31日のドル・円相場は、東京市場では113円84銭から113円24銭まで下落。欧米市場でドルは一時113円96銭まで反発したが、112円08銭まで反落し、112円80銭で取引を終えた。

本日2月1日のドル・円は、113円前後で推移か。トランプ米大統領は他国による通貨安誘導を批判しており、米長期金利はやや低下していることから、リスク選好的な円売りは引き続き抑制される見込み。

トランプ大統領は、日本とドイツの通貨は過小評価されていると批判し、1月31日の欧米市場で日本円とユーロに対するドル売りが優勢となった。市場関係者の間からは、「トランプ大統領の発言(他国の通貨安批判)は想定外ではなく、大統領就任前からある程度予測されていたはず」との声が聞かれている。

また、新設された国家通商会議(NTC)のナバロ委員長は、英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)とのインタビューで「ユーロは過小評価されている」と批判した。トランプ政権は貿易を重視しており、多額の対米貿易黒字を計上している中国、日本、ドイツが批判されるのは不自然ではないとの見方が広がっている。

一部の市場関係者は財務長官に指名されたスティーブン・ムニューチン氏の承認を問う採決が延期されたこともドル売り材料になると見ている。トランプ大統領の発言や政策に対する国内外の批判がさらに高まった場合、リスク回避的な円買い・ドル売りは継続するとの見方が増えている。


<SK>

fisco

「FX運用ガイド」の注目記事

衆院選後の円安を狙うならリスク抑えめのFX「シストレ」は?
円安は好機? FX初心者のライターE氏がシストレで9月は20万円の儲け
取引全自動のFXシストレ 5万円元手に1か月で8万円稼いだ実力

カードローンQ&A

誰にも「ばれない」でカードローンを利用する事は出来るのか?
  • 不況を断ち切るマーケティング思考とは?
  • 9月は20万円の儲け ビジネスマンでも稼げたFXの取引方法を解説
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。